相互理解が進まないことがある理由として、一部の会話に問題があることも考えられます。 こちらでは、他人を不快にさせる女性の話し方に焦点を当てて紹介します。

粗野な発言は避けましょう

極端に粗野な発言をしてしまうと、相手を不快にさせたり、自身の人柄を疑われる事態にも陥りかねません。 より良いコミュニケーションのためにも、発言内容を見直し、改善に努めることが肝心だとされます。

要点が不明瞭

話題が急激に変わると、最終的に何を伝えたかったのか理解しづらくなり、聞き手に困惑をもたらすこともあります。 相手に負担を掛けず、明確に伝えるためには、重点を絞った話し方をする方が良いでしょう。

最初は敬語を使うべき

初対面の場合、タメ口は避けた方が無難で、特に目上の人に対しては注意が必要です。 社交上の礼節を守り、初めての会話では敬語を用いることが、相手からの評価を高めるかもしれません。

あからさまな無視

「2人目を妊娠中に、強引な義母に呼びつけられました。臨月の大きなお腹でやっとの思いで2時間運転し、到着すると…。義母は息子にだけ話しかけ、私のことはフル無視してきたのです」(30代女性) このように会話のなかでの、あからさまな無視は周囲を不快にさせることがあります。 日々の生活で心地よい対話を目指すことが、良好な人間関係を築く第一歩となるでしょう。 (愛カツ編集部)