皆さんは、友人の思いがけない言動にショックを受けた経験はありますか? 今回は推し活仲間の友人からまさかのエピソードとその感想を紹介します。 イラスト:mmmiyo

あらすじの見出し

ライブ会場で出会い、推しが同じことから意気投合した2人。 しかし、友人はだんだんライブに行かなくなり、主人公にグッズの購入を頼むことがしばしば…。 そのうえ、頼んだのに「いらない」と言い出しお金を支払わないなどのトラブルも起きていました。 当然2人の間はギクシャクしてしまいます。 それでも主人公は、同じ趣味を持つ仲間として「ずっと友人でいたい」と思いつつ数年後…。

主人公が結婚!

出典:愛カツ 数年後、主人公は結婚することになりました。 主人公は友人に「式に出席列してほしいんだけど」と伝えたのですが…。 友人は「私パス」と断ったのです。 続けて「結婚式に行くのってお金かかるでしょ」「それなら推しのグッズ買った方がよくない?」と言い放った友人。 主人公は「私は祝儀を払う価値もない程度の存在だったのか」と絶句。 そして、友人とはしばらく距離を置こうと考えるのでした。

読者の感想

問題行動があったとはいえ、自分にとって大切な友人に出席を断られてしまった主人公が可哀想だと思いました。 距離を置くこと決めた主人公の決断を応援したいです。 (40代/女性)
友情とお金を天秤にかけるような友人に驚きます。 主人公の気持ちを考えると心が痛いです…。 (30代/女性)
※この記事はユーザーのエピソードをもとに作成しています。 ※実際に募集した感想をもとに記事化しています。 (愛カツ編集部)