「またデートに誘おう」男性が“奢ってくれるとき”のベスト対応って?

男性とデートしたとき、奢ってもらうことに戸惑った経験はありませんか? 相手との距離感や関係性、状況によってスムーズに厚意を受け入れていいのか悩むこともあるでしょう。 今回は、男性がデートで奢ってくれるとき、どのような対応が適切か考えてみましょう。

基本的な方針

彼氏ではない男性がデートで奢ってくれる場合、基本的にはその思いやりを素直に受け入れてもいいでしょう。 なぜなら「絶対に私が払います!」といえば、男性も厚意を拒否された気分になるからです。 男性を立てることでよりよい結果を生む可能性もあります。

年齢は問題?

年齢が下であろうとも、彼が出してくれると言っているなら、素直に受け入れてもいいでしょう。 しかし、相手が年下で学生などの場合は「私も半分出すよ?」と声をかけてみてください。

二人の関係性

二人の関係が好調で、恋人関係へと進展する可能性が高ければ、男性の厚意を受け入れても問題ないでしょう。 しかし「これ以上なにも進展しない」「もう会う必要がない」と確信している男性との場合は、できるだけ割り勘にしたほうがいいかもしれません。 「これっきりだからと奢られよう」と考えてしまうと、トラブルになる可能性もあるので注意が必要です。

お礼がしたい場合は…

いつも奢ってくれる彼にお礼がしたいときもあるでしょう。 そんなときは、お菓子やハンカチなど、手軽なプレゼントを準備しておくことで、感謝の気持ちを伝えることができます。 そのような配慮を心がければ、あなたに対する男性の印象も高まるでしょう。

状況や関係性を考えて対応しよう

女性として、デートで奢られることはよくあるかもしれません。 男性からの好意を素直に受け入れることが基本ですが、状況や二人の関係性によって適切な対応をとりましょう。 (愛カツ編集部)