結婚は一生のこと。相手選びには慎重になりたいものです。 ここでは、将来性に疑問がある男性の特徴を挙げます。

自分の思いやりが足りない行動

パートナーとの関係で、自らの欲望を優先してしまう男性は、望ましい配偶者とは言えないでしょう。 例えば、急な予定変更に不満を顕にする、依頼事項に対して渋る様子や、職場のストレスを家庭に持ち込む場面が見られるかもしれません。 このような男性は、夫妻間での衝突が生じやすいと言えるでしょう。最悪の場合、相手を軽視する発言をして、関係をこじらせる可能性があります。

繰り返される浮気行為

時に「浮気は男性の性」と捉えられることもありますが、一度手を出した者は再度同じ過ちを繰り返すことが少なくありません。 特に、元々の関係が浮気から始まった場合は、再び同じ状況に陥るリスクが増します。相手がどれだけ誠実に振る舞っているかを見極めることが重要です。

パートナーへの関心の欠如

「私はあまり乗り気ではなかったのですが、夫は『長男だから披露宴も絶対!』と言って披露宴を行うことに。しかし準備もほとんど私で、夫は『こんな会場は嫌だ』『ドレス代は自分で払え』と横から文句ばかり…。費用の約束もすっかり忘れているようで、思わず呆然としました。」(20代女性) 相手の悩みに対して無関心であったり、手を差し伸べる意欲が見られない男性は再考の余地があるかもしれません。 (愛カツ編集部)