「優しいだけより…」男性が彼女からの怒られたい瞬間って?

男性から見て、本当に心から愛している彼女だけができること、それは彼を叱ることです。 なぜなら、彼を叱ることは深い愛情と理解を示す行為だからです。 彼を本気で思うからこそ、彼の行動を思いやりながらもときに叱ることができます。 では、男性はどのようなときに彼女から叱られることを望むのか、詳しく見ていきましょう。

仕事の愚痴を言ったとき

「あるとき、仕事が大変で休みたかったんです。それをデート中に彼女に話したとき『でもバイトじゃないし、働けることに感謝すべきじゃない?』と叱られました。当然のことを言われてしまい、彼女の言葉で、また頑張ろうと思えました」(36歳/男性) 彼が「もう疲れた、休みたい」と言っているとき、それは本当に休息が必要なサインかもしれません。 しかし、単に我慢がきかなくなっているだけであれば、大切な彼女からカツを入れてもらうことも必要かもしれません。

夢を断念しようとしているとき

「キャリアとプライベートのバランスを取りながら、自分の夢を追いかけることは難しくて。『無理かな』と思って何も行動を起こさなくなっていたとき、彼女から『君の夢はどうなったの?努力しないで諦めるの?』と叱られました。彼女の一言で自分の甘えを痛感しました」(30歳/男性) 彼が自分の夢を諦めようとしているとき、現状を聞き、さりげなく叱ることも愛情の表現です。

自信を喪失したとき

プライドが傷つけられると、すべてを投げ出したくなることもあるでしょう。 ある男性は「自分への自信を失ったときに彼女に叱られ、再び前を向くことができました」と述べています。 自信を失って落ち込んでいるときに、そっと背中を押してくれるのが彼女なのかもしれませんね。

愛情の証

言葉による愛情表現の一つとして、叱ることも重要です。 まだ叱ったことがないという人もいるかもしれませんが、叱ることも一種の深い愛情表現なのです。 「今こそ私が彼を叱るべきだ」と感じたら、愛情を込めて彼を叱ってみてください。 (愛カツ編集部)