周囲が敬遠する【嫌われNG行動】

今日は「人々が密かに敬遠する『嫌われ行動』」についてお話しましょう。 気づかぬうちに何かしらの行為が、人々を自分から遠ざけていることがあります。 そんなシチュエーションを避けるため、人々にとって少し不快感を与えてしまう行動を紹介します。

過去の恋人話題に慎むべし

パートナーとの会話は関係深化に必要不可欠ですが「以前の恋愛はダメだった」という趣旨の話は、相手を不快にさせるリスクがあります。 今を大切にしようとする際に、過去の恋愛を持ち出すことは、比較されているかのような感覚を与え、関係のひび割れにつながる恐れもあるでしょう。

相手の趣味は尊重する

人それぞれ趣味や嗜好は異なります。 ですが「そのコレクション、邪魔だと思わない?」などの発言は、相手に不快感を与え、ストレスの原因となりかねません。 趣味に対する理解と尊重は、健全な関係を維持する上で欠かせない要素と言えるでしょう。

プライバシーの尊重を忘れずに

スマートフォンのチェックなど、パートナーのプライバシーを侵害する行動は、信頼関係に大きなダメージを与えます。 一度失った信頼を取り戻すのは困難であり、相手を疑う前に、まずは直接話し合うことが重要です。

話し合いで問題解決を

「結婚式当日、司会の方から『新郎のお母様よりサプライズがございます!』とアナウンスが。 なんと、義母が先陣を切って、日本舞踊を踊り出したのです。 その後も『あなたも立って!』などと言って他の出席者を巻き込み…。 一生に一度の結婚式を台無しにされ、本当に呆れました。」(30歳/女性) どんな関係であっても、価値観の違いによる摩擦は避けられません。 とりわけカップルや家族間では、時間を共有する中でさまざまな問題が浮上してきます。 そのため、定期的なコミュニケーションを心掛け、互いの考えや感情を尊重しながら解決策を見出すことが、幸せな関係を築く第一歩と言えるでしょう。 (愛カツ編集部)