男性が理解できない女性の金銭感覚

パートナー間で金銭感覚が異なる場合、それが関係の溝を深める可能性があるようです。 今回は、男性がドン引きする女性の「金銭感覚」を紹介します。

服の買い足しに戸惑う

「妻が次々と新しい服を購入する様子を目の当たりにして『おしゃれを楽しむのは分かるけど、買いすぎでは?』と感じてしまいます」(20代男性) おしゃれを楽しむことは素晴らしいことですが、頻繁に新たな衣類を購入するのは、家計に与える影響について考える余地があるかもしれません。 手ごろな価格のものを選ぶなどして、賢い消費行動を意識することが大切です。

高価なブランドへのこだわり

目立つブランド物の多用は、金銭的な価値観の相違を感じさせることがあると夫は話します。 適度に控えめなブランド品の選択も、お互いの心地よさを保つ上で効果的かもしれません。

デートの場所選びに助言

高級レストランの利用が続くと、費用のことを考えざるを得なくなり、心理的な距離を感じることもあるようです。 カジュアルな場所選びや、自宅での手料理、ピクニックなど費用を抑えたアクティビティを提案することも、お互いが快適に過ごすための良い方法です。

将来設計への配慮

「僕の妻は、結婚後『専業主婦になりたい!』と言い張り、僕のお給料だけでは不安もあったため、少し納得はいかないものの嫌々で許可しました。 しかし、妻は遊びに出かける事が増えて…心配になり、通帳の残高を見て腰が抜けそうでした。 豪遊していた妻に本当に呆れました。」(40代/男性) 経済的な節約だけでなく、家庭生活の幸せの基盤となる価値観の一致を目指すことが、長期的な視点で見て夫婦の満足度を保つ鍵になります。 (愛カツ編集部)