相互の感情から始まるはずの仲でも「ちょっと負担が大きいかも…」と思われてしまうと、関係はギクシャクしやすくなります。 お互いの愛を深め、関係を続けていくためには、出会いの時期だけでなく、その後も慎み深い行動が求められるでしょう。 ここでは「重い」と思われる女性の特徴を紹介します。

相手の意見を尊重しない

相手の話に耳を貸さず、すぐに怒り出し自分の思いを押し通そうとする姿勢は、相手に負担を感じさせる理由の一つになるようです。 計画通りに事が運ばないときにいちいち機嫌を損ねると、一緒にいる時間が息苦しく感じられるかもしれません。 思わぬ出来事も冷静に受け止める柔らかさが大事になるかもしれません。

結婚を急ぐ

恋愛において「結婚」はすべての人の目標ではないかもしれません。 いきなり結婚の話をすると、相手を不安にさせる恐れがあります。 結婚は共に生きる決断です。 慎重な考えが必要なことの一つでしょう。 お付き合いの段階で結婚を急ぐ話をすると、今まで良好だった関係が崩れる可能性もあります。

過度な束縛

相手の行動に関心を持つのは当然かもしれません。 「今日は楽しかった?」くらいの問いかけなら、相手も気軽に答えられるでしょう。 ところが「誰と遊んだの?」「その中に女性はいるの?」「どうして連絡しなかったの?」といった、いきすぎた質問は、相手を圧迫することになりかねません。 お互いの自由を尊重し、必要以上の共有を求めない態度が、良好な関係に繋がるでしょう。

愛が重すぎる

「私の家庭教師と浮気した父と数年ぶりに再会しました。そこへ父の恋人が現れ『あんたたちのせいで…』と取り乱しました。父が間に入りましたが、父への愛が重すぎる恋人の行動に唖然としました」(20代/女性) 長期にわたり幸せを感じる関係を維持するためには、無理のない接し方が鍵になります。お互いに適切な距離感を保つことが、良好な関係を維持するコツだと考えられるでしょう。 (愛カツ編集部)