結婚生活におけて愛情が冷める瞬間もあるかもしれません。 今回は、結婚後も注意が必要な、愛情が急激に冷める瞬間を紹介します。

相手に寄り添う気持ちが欠如した瞬間

長い間一緒に過ごしていくうちに、パートナーの知らなかった一面が見えてくるかもしれません。 寄り添う気持ちが欠如していると感じる瞬間は、愛情が冷めてしまうことも…。 すべてを簡単に受け入れられるわけではありませんが、理解し合うことで信頼関係が深まることでしょう。 価値観の違いや生活スタイルへの疑問は生じるかもしれませんが、努力を惜しまなければ相手を「理解できるパートナー」として信頼を築くことが可能かもしれません。

相手の短所が気になった瞬間

恋愛や結婚を進めるうちに、相手の欠点が気になり始めるのは自然なことかもしれません。 理想と現実の間に生じるギャップに苦しむこともあるでしょう。 相手の短所が気になり、愛情が冷めてしまった場合は、短所ばかりに目を向けず長所を見ることで深い理解と信頼を育むことができるかもしれません。

相手の気持ちがわからないと思った瞬間

コミュニケーション不足により、相手の気持ちがわからないことで冷めてしまうこともありえます。 健全な関係を築くには、しっかりと会話することが大切です。

相手の気持ちを考えない

「夫に頼まれてお弁当を作ったのですが、帰宅した夫に『ごめんお弁当作らなくていいよ』と言われました。理由を聞くと『茶色くて彩りも悪いじゃん?』と言われ『え…』と一瞬で冷めました」(30代/女性) 日々の小さなことが積み重なっていつの間にか気持ちが冷え切ってしまうケースもあります。事態を客観的に捉え、冷静に対処することが求められるでしょう。 (愛カツ編集部)