相手の心配りが期待とは異なる方向へと進んでしまうことがあります。 今回は、周りがありがた迷惑だと感じる行動を紹介します。

過度な配慮

気遣いが行き届いているように思える言動も、実は受け手にとって負担となる場合があるようです。 特に「疲れてるでしょ?」と気を遣われることが、意外とストレスになるケースがあります。 「まだやれる!」と前向きなときに、それが逆にブレーキになることも。 どうしてあげられるかは、行動で示すのが賢明かもしれません。

余計な情報

人との関わりの中で舞い込むさまざまな情報。 中には「これは聞きたくなかった…」という内容もあるかもしれません。 特に、人のことを落とすような噂話は、関係を悪化させる原因になりかねません。 必要のない情報は、そっとしておくのが無難かもしれません。

無断での行動

育児に関わること、特に子どもの健康に直結する事案は、親の許可なく行動するのは避けるべきでしょう。 安全を優先し、事前の相談が求められます。

贈り物攻撃

「花壇の手入れが趣味な義母からお花の贈り物攻撃がとまらず、玄関が花屋のようになってしまいました。夫に話すと『友達とかで花好きな人いないの?』と聞かれたのですが『あげてもこれだけ残ってるの…!』とどうしようもなく、ありがた迷惑だと感じてしまいました」(30代/女性) 互いにとってプラスの関係を築き上げることが大切かもしれません。 (愛カツ編集部)