浮気はダメだとわかっていながら、浮気へと走ってしまう人がいます。 ここでは、浮気にハマりやすい人の共通点を紹介します。

孤独が原因で心が迷う

数年間も寂しさを抱え続けた人が、ついに救済を求めて浮気という選択をとる場合があります。 寂しさを紛らわすためだけの行動は、思わぬトラブルの原因になりかねません。 つらい時期には心が揺らぎやすく、間違った判断をしてしまうリスクも高まります。

自尊心の低下

自分自身を受け入れられずにいると、周りからのポジティブな反応を必要以上に求めがちになります。 特に批判ばかりの環境では、人への依存が強まる傾向があります。 このようなとき、肯定的な友人関係が精神的な支えとなることが期待されます。

過度な飲酒をする

お酒に逃げて一時の解放感を得ようとする行為が、予想外の浮気へとつながる可能性があります。 逃避を試みても、一度浮気をしてしまうと避けられないかもしれません。 特に、記憶が曖昧になるほどの飲酒は、やめておくべきでしょう。

出産予定日が…

「妻の妊娠を職場に報告しました。『予定日が6月2日で…』と言うと同僚は『へ~…ん?』と違和感を覚えたようで、出産予定日がおかしいことを告げられました。逆算すると、妊娠したのは私が海外出張している間で…お腹の子は他人の子?と信じられませんでした」(30代/男性) 浮気をすると取り返しのつかないことになるかもしれません。不満が募ると「悪いのは相手だ」と自分を正当化する人もいるため、気をつけてください。 (愛カツ編集部)