慶応チア出身のフリーアナウンサー・白戸ゆめの(28歳)が、6月2日に放送されたスポーツ番組「ABEMAスポーツタイム」(ABEMA)に初出演。スポーツ観戦三昧のプライベートを明かした。

番組には今回、スポーツの現場や番組などで活躍する白戸が初登場。「スポーツ大好き」と公言する白戸は、慶応義塾大学在学中にチアリーダーとして活動。東京六大学野球で応援している写真を公開したほか、プロ野球Jリーグユニフォームに身を包んでいるプライベート写真も放出し、「とにかく暇さえあれば、野球・サッカー・バスケ・アメフトなど、いろんなスポーツ観戦に行っている。ユニフォームなどのグッズはいろんなチームのものを持っていて、観戦時はそのホームチームのものを着用して楽しんでいます」と明かした。

そんな白戸に、元サッカー日本代表の槙野智章は「こういう楽しみ方も大事ですよね!」と興味津々で語った。