デーブ・スペクター、水原一平

テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏が5日、自身の公式Xを更新。米カリフォルニア州サンタアナの連邦裁判所に出廷した水原一平被告について言及した。

 

■2つの罪を認める

違法スポーツ賭博で抱えた借金返済のため、通訳を務めていたロサンゼルス・ドジャース大谷翔平選手の銀行口座から約1,700万ドル(約26億5,200万円)を不正送金した水原被告。

日本時間5日、裁判所で有罪答弁を行い、銀行詐欺と虚偽の納税申告の罪を認めた。量刑は10月25日に言い渡される。

 

関連記事:マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

■水原被告に驚いたこと

デーブ氏は、水原被告の着こなしに注目。

黒のスーツに白のシャツ、ノーネクタイ姿だったが「水原一平の出廷に驚いたのは、ネクタイをしてない。量刑前とはいえ、一般常識として被告にネクタイは着けさせる。弁護士がアドバイスしたのか、水原が拒んだのか不明だが、裁判官の心証に良くない」とつづった。

 

関連記事:『虎に翼』回想シーンと思いきや… 寅子と優三の会話“あること”に気づいた視聴者「涙が止まりません」

■「ギャンブルに出たな」「一平常識」

コメント欄には「ネクタイしないメリットがあったのかな」「今はクールビズ推奨なので、ネクタイは要らないと思います!」などの声が。

また「ネクタイだけでなく、アクタイもついてなければいいが」「ギャンブルに出たな、吉と出るか凶と出るか」「スーツに丸首シャツでは襟を正せませんね」「一般常識→一平常識だったのかも」とダジャレなどを書き込むフォロワーも散見された。

関連記事:イオンの『歩きやすいサンダル』 1年履いた結果、やっぱりコスパ最高だった

■着こなしに注目

デーブ・スペクター氏、出廷した水原一平被告のアレに驚き 「裁判官の心証に良くない」