アレックス・ラミレス

横浜DeNAベイスターズ監督のアレックス・ラミレス氏が、元東京ヤクルトスワローズ古田敦也氏のYouTubeチャンネル『フルタの方程式古田敦也 公式チャンネル】』に出演。現役最強打者を選定した。

 

■注目している若手選手をトーク

古田氏とラミレス氏、そして元福岡ソフトバンクホークス内川聖一氏がトークをした今回の動画。話題は「注目している現役の若手選手」に。

内川氏は中日ドラゴンズで活躍中の田中幹也選手を挙げ、「背は小さいんですけど、トップを作ったところから、素直にバットを出すことに、徹することができるというのが。あの形は好きですね」と語った。

 

関連記事:マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

■ラミレス氏は阪神・佐藤選手

ラミレス氏は「阪神タイガース佐藤輝明はとてつもないポテンシャルを秘めている」と佐藤選手に言及。

続けて「打ち方がかっこいいね。でもそれほど数字は残していない。打率3割40本、100打点のポテンシャルを持っているが、まだそこまで育っていない。20ホームランそこそこだ」と同選手の打撃を分析する。

さらに「しかし、凄い選手になるポテンシャルは高い。甲子園は打つのは難しいからね。それでも彼なら30本はホームランを打てると思う」とコメントした。

 

関連記事:ラミレス氏、DeNA・三浦大輔監督の戦略に注文 「1番の懸念材料は…」

■現役最強打者は?

スタッフは「ラミレスさん、1番すごいと思うバッターは誰ですか?」と質問する。

これにラミレス氏は「今はDeNAの牧だね」と監督を務めた横浜DeNAベイスターズ牧秀悟選手を挙げる。

理由については「今の牧ならおそらく2冠王を取れると思う。ホームラン岡本和真村上宗隆のほうがパワーがあって、3冠王は難しい。でも3割35本100打点で言えば、今は牧だと思う。おそらく今、日本で最高の右打者だと思う」と語った。

 

関連記事:ラミレス氏、DeNAの現役ドラフト候補2名を挙げる 「移籍すれば活躍できる」

■新人で3割20本をクリア

牧選手は中央大学時代から高い打撃力を誇り、2020年のドラフト2位でベイスターズに入団。

新人で打率3割1分4厘、ホームラン22本、71打点の好成績を記録。3年目の昨年は29ホームラン、103打点で打点王最多安打のタイトルを獲得した。

関連記事:ラミレス氏、大谷翔平の打撃好調要因と打率向上策を解説 「3割を狙うには…」

■ラミレス氏が現役最強だと思う打者を語る

ラミレス氏、現役選手で最強だと思うバッターを選定 「今、日本で最高の右打者」