今回は、お金の問題を抱える男性との結婚の前に、注意すべき点を紹介します。 感情だけで決めると、将来悔いることになるかもしれません。

お金を上手に扱える?

もし夫婦が共にお金の管理が不得意なら、生活は非常に不安定になり、想像している以上の苦労が待っているかもしれません。 しかし、相手が不得意でも、あなたが得意でさえあれば、心配することはないでしょう。

信頼関係はしっかり築けている?

あなたがお金の管理を得意としていても、苦手な相手がお金を管理していたら意味がありません。 結婚してからは相手にお小遣い制を提案するなど、具体的な約束ができるかを確認しましょう。

節約意識はある?

相手が「お金がない」と常に言っているなら、これは警戒すべきサイン。 常に財布が空だと感じてしまうと、節約や貯金にはげむ姿勢を失いがちです。 その癖が定着している場合は、相手の考え方を改めさせる努力が必要になります。

借金が発覚

「長年連れ添った夫の借金が発覚しました。『どうして…』と聞くと、優しい性格を利用され友達の保証人になってしまったようで…しかしその友達は蒸発してしまい、夫が背負うことになってしまいました」(40代/女性) 相手が優しすぎる場合は、保証人になってしまう可能性もあるので注意しましょう。お金に悩む相手と真剣に将来を考えているなら、これらの側面も注意してじっくりと検討するべきでしょう。 (愛カツ編集部)