愛する人との間にある信頼は、簡単には築けないもので、ほんの少しの行動で傷つけてしまうこともあります。 ここでは、男性の気持ちが冷めるポイントを紹介します。

高価なプレゼントを要求

「彼女が突然、50万円のバッグが欲しいと言ってきて衝撃を受けました。愛かお金か、本音が見えなくなってしまいました」(30代) 記念日に限らず、高価なアイテムを要求されると、関係に不安を感じるかもしれません。

SNSでのパートナー批判

「喧嘩が解決した後で、彼女がSNS上で私のことを悪く言っていたことに幻滅しました」(20代) SNSで悪口を公開することは、2人の絆をさらに弱めることがあるため、控えめにしましょう。

異性との2人きりの時間

「彼女が他の男性と2人で出かけると言ったとき『友達だから大丈夫』と言われても不安になりました」(20代) 異性と2人で時間を過ごすことは、場合によっては不適切とみなされることがあります。 大切な人との関係を守るために、異性との関係は慎重に。

嘘をついている…?

「シングルマザーの彼女と結婚間近でした。 しかしだんだん彼女からの連絡が遅くなり…『寝てた』と言っていたのですが、翌日家に行くと子どもに『昨日はお母さんが帰って来れないからってカレー作ってくれてたんだ!』と言われました。 『…待てよ?』と寝ていたのは嘘だったのか?と気持ちが冷めました。」(20代) お互いの行動を理解し合うためには、定期的な対話は不可欠です。 相手の立場を尊重し、健全な関係を築くことが大切です。 (愛カツ編集部)