「会えない時間に愛をはぐくむ!」ず~っと仲良しなカップルでいるためには?

遠距離や仕事が忙しく、会える機会が少ないなかでつながる恋人たちも少なくありません。 では、一体どのように関係を続けているのでしょうか? 今回は、その秘訣を見ていきましょう。

愛らしさを忘れずに

大切な彼と久しぶりに会えたのに、つい「何してたの?」「なぜ連絡しなかったの?」などと、寂しさから問い詰めてしまうこともあるでしょう。 しかし、それでは彼に「会うと何かと問い詰められる」という印象を与えてしまいます。 彼との少ない時間を「愛らしさ」で満たしましょう!

趣味を持つ

ほとんど会えないとき、どんなことをしているのか彼も気になると思います。 特に、彼が少し心配性のタイプであれば、あなたが何をしているのか知ることで心の不安が収まるでしょう。 彼の心の安心と自分自身の心の安定のために、自己投資として趣味を持つことも大切です。

心地よい連絡頻度を

彼との会う時間が限られているとき、大切なのは「どれだけ思いやりがあるか」を示すことで、その現れとなるのが「連絡」です。 好きな人の性格や2人の距離感により、その順序や度合いはかわるでしょう。 「彼を不必要に不安にしたくない」と思うなら、適度な連絡を心掛けることです。 なかには「1ヶ月に1回声を聞くだけで十分」という人もいますが、あなたの好きな人が同じとは言えません。

笑顔はあなたから始まる!

彼の笑顔を見るために、必要以上に気を使って自分がストレスを感じてしまうのは本末転倒です。 まず自分が毎日楽しむ心を忘れず、その上で彼と楽しい時間を共有しましょう。 (愛カツ編集部)