結婚とは、人生の大きな節目であり、パートナーとの日々を共にする決意を表すものです。 しかし、その共同生活が始まると、相手の思わぬ言動に悩まされることも少なくありません。 ここでは、結婚を後悔する男性の特徴を紹介します。

選ばれた人だけに優しさを?

「店の方への冷たい対応や、自らの過ちを認めない姿勢を見るたび、先々の生活への不安が募ります」(27歳女性) 一部の人に対しては親切さを見せるが、他者には否定的、または冷ややかな態度を取る夫。 これは心配の種です。 今は優しくても将来的には同じ態度が自分に向けられる可能性もあります。

お酒が引き寄せる問題

「普段は穏やかな夫も、酒が入るとまるで別人。共通の友人も少なく、飲みに行く機会は稀ですが、度が過ぎた飲み方には困惑します」(28歳女性) 酒癖が悪いということは、深刻な問題行動へのきっかけとなり得るのです。

価値観の違いとその影響

「夫は浪費癖があり、日々の生活費が厳しい…」(24歳女性) 成功を収め、理想的な存在と思える夫でも、金銭感覚の違いはやはり壁となることもあります。 お金への価値観が異なることは、家計管理においても複雑な問題を引き起こすかもしれません。

夫に任せて後悔

「仕事で遅れて合流する夫に家のことを任せ、実家に帰省しました。10日ぶりに帰宅すると、家の中が明るく…夫が電気を消していなかったようでゾッとしました」(37歳女性) 結婚前にパートナーの性格を見極めることは重要です。結婚生活は焦らず、じっくり進めることが望ましいでしょう。 (愛カツ編集部)