岡田彰布

横浜大洋ホエールズ高木豊氏が、自身のYouTubeチャンネルを更新。阪神タイガース岡田彰布監督に「我慢」を提言した。

 

■大山選手・ゲラ投手の2軍落ちを語る

阪神で昨年4番を務めた大山悠輔選手と、ハビアー・ゲラ投手が2軍に降格された件について語った今回の動画。

高木氏は開幕からの不調で、ついに2軍降格となった大山選手に「ギャンギャン言われるのを気にしても仕方ない」「頭のなかで考えちゃうから良くない。シンプルに考えたらいい」とアドバイスを送る。

そして降格を決断した岡田監督に対し「悪かったら悪いでね、変えすぎると良くないって。岡田監督も」と苦言を呈した。

 

関連記事:マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

■なぜ今年は打順をいじる?

高木氏はさらに「優勝したのはなぜなんだと言ったら、 近本光司中野拓夢森下翔太大山悠輔。サトテル(佐藤輝明)、 ノイジーでも前川右京でもいいよ。梅ちゃんでも坂本誠志郎でもいい。これで我慢すればいいじゃん」と指摘。

森藤恵美が「どうして今年、我慢できなくなっちゃったんですか」と質問すると「勝ちたいからでしょ、負けるからでしょ。どうやったって得点ができてないじゃない?」とコメントする。

続けて「それなら基本に立ち返って、もう『忍』の一文字で、我慢するしかないよ」と提言した。

 

関連記事:西武・松井稼頭央監督に高木豊氏が現状打開策を提言「固定観念を取っ払って…」

■佐藤選手の1軍昇格を提言

高木氏は「昨年日本一になった。そういうプロ野球を代表するチームになった。そういう責任があるよね。その責任をおまえら果たせって。どんな形があったとしてもいいから」と話す。

だから「サトテルもねえ、あいつは守備の人かって。意外性の男なんだよ。だから。もう1軍に上げたほうがいいって。相手からみたら、サトテルがどれだけ怖い人間か。嫌だって、脚も速いし。だだ守備でポロッとやっていただけでしょ」と佐藤選手の1軍再昇格を主張。

そのうえで「阪神が近本が4番なんて全く怖くない」「他球団からしたら、1番近本、2番中野。これが1番嫌な形じゃない?」などと、打順の固定を提言していた。

関連記事:岡田彰布監督は阪神タイガースの抑え投手を誰にする? 高木豊氏が独自見解

■高木氏が岡田監督に我慢を提言

岡田彰布監督の選手起用に高木豊氏が苦言 「変えすぎるのはよくない」