人と接するとき、ちょっとした振る舞いが印象を大きく左右することがあります。 特定のシチュエーションで「これはちょっと…」と感じることがありますが、具体的にどのような振る舞いがそう感じさせるのでしょうか。 ここでは、好感度を下げる「NG行動」を紹介します。

趣味に熱中しすぎる

「趣味に没頭しすぎて、他のことをおろそかにしているところを見てドン引きしたことがある」(29歳/男性) 趣味に熱中するのは素敵なことですが、他のことにかける時間を作ろうと思う気持ちも大切です。 興味を共有しながらも、相手のことを考慮し、バランスのいい関係を築くことが理想的だと思われます。

食事マナーの大切さ

「食事マナーが悪いと、どうしても気になってしまう」(27歳/男性) 食事のマナーは、自己紹介のようなものです。 箸の持ち方や食事中の音など、細かいところに注意を払い、改善に努めてみることが、相手にいい印象を与えるかもしれません。

愚痴が中心の会話

「ずっと悪口ばかり言っていると、周りの雰囲気も悪くなってしまう」(25歳/男性) 悪口は、相手に不快な思いをさせ、印象を下げる原因となることもあります。 常に相手を尊重し、気持ちのいい会話を目指すことが重要です。

価値観の違いで…

「同居する義母に『あなたのせいでガス代が2倍よ!』と怒られました。なんと義母は3日に1回しかお風呂に入らないようで…ガス代が高くなってしまったのは申し訳なく控えようと思いましたが、3日に1回は私には考えられず『え!?』とびっくりしてしまいました」(20代/女性) 自分を客観的に見つめ直し、相手とのコミュニケーションを重視することにより、良好な関係を維持できるでしょう。 (愛カツ編集部)