無意識のうちの行動がたまに誤解を生むことがあるかもしれません。 今回は、周りが「これはない」と思う女性の行動を紹介します。

過度な反応は逆効果

何気ない会話の中でも、積極的に反応することは大切だと思われがちです。 実際、適度な反応はコミュニケーションを円滑にします。 しかし、その反応が過度になると、大袈裟だと感じられることがありえます。 度が過ぎると、会話がこじれたり、一定の距離を作ってしまうことも考えられるので、注意することが望ましいです。

天然を装う行動

素朴で自然体な振る舞いは、確かに魅力的です。 ところが、その振る舞いが意図的である場合、相手は違和感を覚えることも。 「私ってそういう人なの」といったセリフや、わざとわからないふりをする姿は、透けて見えてしまうかもしれません。 自然体でいることが何よりも美しいといえるでしょう。

無理に高い声を出すこと

自然な高い声はその人の特徴かもしれませんが、無理に声を高くすると、聞く側に不自然さを感じさせる場合があります。 声のトーンには、自分に合った自然なバランスを見つけることが大切です。 もし意図的に声を高くしているなら、少し抑えめにするのも一つの手かもしれません。

思いやりを忘れずに

「モノを捨てられない義母が、私たち夫婦に『おすそ分け』と言って古くてザラザラのタオルを大量に持ってきて、私も夫も困惑しました」(30代/女性) 相手の反応をよく観察しながら行動することは、調和を築く重要なポイントです。自分らしさを保ちつつ、周りからの理解と支持を得るような行動を意識しましょう。 (愛カツ編集部)