時代を超えて輝き続ける18社を研究した『ビジョナリーカンパニー』(1994年発行)は現在も経営者の必読書と言える名著だが、それをさらに進化させた本『愛される企業 社員も顧客も投資家も幸せにして、成長し続ける組織の条件』(ラジェンドラ・シソーディア、ジャグディッシュ・シース、デイビット・B・ウォルフ著/齋藤慎子訳/日経BP発行)が話題を呼んでいる。キーワードは「愛」。企業経営にはおよそ似つかわしくない言葉だが、顧客や投資家のみならず関係するあらゆる人・組織に愛されることこそが経営の本質だと説く。抽出された72社はビジョナリーカンパニー以上の実績を上げており、そこには共通して7つの特徴があるという。本連載では、同書から内容の一部を抜粋・再編集、愛される企業の条件を事例を交えて紹介する。

JBpressですべての写真や図表を見る

 第5回は、世界的に知られるホンダの「ベストパートナープログラム」を例に、サプライヤーとの関係性と質が収益に強く結びつく理由について解説する。 

<連載ラインアップ>
第1回  ホンダ、コストコ、グーグル――「愛される企業」に共通する特徴とは
第2回 コストコの福利厚生は手厚過ぎる? 成長し続ける企業の「意外な条件」とは
第3回 GEのジェットエンジン工場では、なぜ工場長がいなくても欠陥品が出ないのか?
第4回 イケアやトヨタ、サウスウエスト航空は、なぜ「低価格、気高い魂」を重視するのか
■第5回 ホンダの成功のエンジン、「ベストパートナープログラム」はなぜうまくいくのか?(本稿)

※公開予定日は変更になる可能性がございます。この機会にフォロー機能をご利用ください。

<著者フォロー機能のご案内>
無料会員に登録すれば、本記事の下部にある著者プロフィール欄から著者フォローできます。
●フォローした著者の記事は、マイページから簡単に確認できるようになります。
会員登録(無料)はこちらから

■協力するほうが搾取するより得策

 愛される企業は、自社と関わることがステークホルダーの得になるよう心を砕く。サプライヤーのさらなる繁栄を手助けすることもそうだ。

 長年、大手小売業者の多くがサプライヤーに毎年のように値下げを要求している。サプライヤーの収益性や存続が危うくなっても、それはサプライヤーの問題、というわけだ。愛される企業ならわかっているが、こうした冷淡なやり方で価格をコントロールするのは近視眼的で、サプライチェーンの健全性を害している。もっと悪いのは、サプライヤー同士に熾烈な価格競争をさせることにつながり、パートナーシップの恩恵が得られなくなることだ。

 サプライヤーに毎年のように値下げを要求するのは持続可能な戦略ではない、という認識が高まりつつある。IBMがそれを認識し始めたのは、外部委託が急に増えた1990年代だ。ノースカロライナ州ローリーでIBMの調達サービスを担当しているビル・シェーファー部長が次のように述べている。

「長年、調達に関わっていますが、これまでの調達には、サプライヤーを信頼のおけないどうでもいい相手として扱うイメージがあります。それは良くないし、持続可能でもない調達のモデルだとわたしたちは考えています。IBMとサプライヤーのあいだに、緊密なチームワーク、信頼、分かち合いがなければ、うまくいかないのです」

 ホンダがサプライチェーン管理で世界をリードしていることは広く知られている。サプライヤーとの長期にわたる、価値主導型の関係性の構築・維持に重点を置くことで、順調に成果をあげている。

 ホンダは、製造会社というより組立会社に近い。たとえ新車であっても、そのパーツのほとんどをホンダは製造していない。米ホンダでは、車づくりに必要なパーツの約80パーセントを外部サプライヤーから調達している。だからこそ、サプライヤーを使い捨てにするのではなく、パートナーとして扱うのが賢明な判断なのだ。サプライヤーが重圧に苦しんだり、どんどん人が辞めていったりするようでは、品質が大きく損なわれて製造コストが膨らんでしまいかねない。

 そこで、協力が重要になる。ホンダからの押しつけは一切なく、あらゆることが交渉で決められる。協力とは当然、双方向のものだからだ。ホンダは、サプライヤーが生産性・品質・収益性をさらにアップできるよう支援しているほか、どうすれば自社の工程を改善できるか、サプライヤーから提案してもらうようにしている。サプライヤーから寄せられた多くの改善案のなかから、これはというものを取り入れた結果、アコードの製造コストを21.3パーセント削減できた例もある。

 ホンダは、緊密なパートナーシップで協力している一方、仕入価格を抑えることにももちろん取り組んでいる。ただし、ほかの自動車メーカーのように、そのためにサプライヤーを締めつけたりしない。「原価企画」というものを通じて、原価管理とサプライヤーの繁栄とのバランスをとっているのだ。

 そのため、ある特定部品の製造コストが正確にいくらになるかを把握する必要があり、アメリカだけでも15~20人のチームが目標コストを調べている。このチームが仕入れ対象すべての実際のコストを把握したうえで、目標コストの一覧表を作成している。この一覧表に基づいてサプライヤーと仕入れ価格を交渉するわけだ。

 ただし、生産効率の劣るサプライヤーに対しては、その収益性を無視してまでこうした価格水準での製造を強いるのではなく、サプライヤーが目標コストを達成できていない非効率的な要因を特定できるよう協力している。このように、サプライヤーの生産効率を上げることで、ホンダの部品コストを下げているのだ。

 サプライチェーン最適化のこうした取り組みを支えているのが、ホンダの「ベストパートナー(BP)」プログラムだ。この名称を見ても、ホンダがサプライヤーをパートナーと考えていることがわかる。

 世界的に知られているこのBPプログラムは、品質分析と問題解決の技術を組み合わせることで、次の5つの戦略的改善分野を目指している。 

ベストポジション ベストプロダクティビティ ベストプロダクト ベストプライス ベストパートナー

 自動車業界での成功を左右するのは、スタイリング、馬力、価格、成約特典などではなく、もっとはるかに重要なものだ。愛される企業の自動車メーカーは、サプライヤーとの関係性が非常に良好、そして、労働組合との関係性も非常に良好だといっていいだろう。おそらくこのあたりに、米自動車産業の生き残りのヒントがありそうだ。数字に基づくのではなく、関係性に基づいた経営戦略と事業戦略が、生き残るために必要な数字の達成につながりうる。

 ステークホルダーとの関係性の質と収益が強く結びついていることは、これまでさまざまな業界で確かめられた。これは不思議でもなんでもない。こちらが好意や敬意を抱いている相手といっしょに仕事をするほうが、そのどちらも抱けない相手と仕事をするより、達成できるものが大きい。

 サプライヤーとも、パートナーシップの関係で協力したほうが、搾取するよりも、当然ながら実りが大きい。

<連載ラインアップ>
第1回  ホンダ、コストコ、グーグル――「愛される企業」に共通する特徴とは
第2回 コストコの福利厚生は手厚過ぎる? 成長し続ける企業の「意外な条件」とは
第3回 GEのジェットエンジン工場では、なぜ工場長がいなくても欠陥品が出ないのか?
第4回 イケアやトヨタ、サウスウエスト航空は、なぜ「低価格、気高い魂」を重視するのか
■第5回 ホンダの成功のエンジン、「ベストパートナープログラム」はなぜうまくいくのか?(本稿)

※公開予定日は変更になる可能性がございます。この機会にフォロー機能をご利用ください。

<著者フォロー機能のご案内>
無料会員に登録すれば、本記事の下部にある著者プロフィール欄から著者フォローできます。
●フォローした著者の記事は、マイページから簡単に確認できるようになります。
会員登録(無料)はこちらから

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  売上高が2年で倍増し1兆円突破、マクニカの躍進支えた「10年後も楽しく働く」ための次世代システム

[関連記事]

コロナ禍からV字回復へ 東京センチュリー馬場社長が語る、再び成長軌道に乗るための「4つの変革」

三菱電機がグループ12万人の業務に生成AI導入、「使い続ける」ために必要な意識と心構えとは?

写真提供:ロイター/共同通信イメージズ