東京ディズニーシー8つ目のテーマポート「ファンタジースプリングス」が、6月6日、グランドオープンした。

「ファンタジースプリングス」は、ディズニー映画アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」を題材とした3つのエリアと、「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」からなり、“魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界”をテーマとした、世界で唯一のテーマポート。

グランドオープンを前にセレモニーが行われ、オリエンタルランド代表取締役 取締役会議長 加賀見俊夫氏、同代表取締役会長(兼)CEO 高野由美子氏、同代表取締役社長(兼)COO 吉田謙次氏、ウォルト・ディズニー・カンパニー CEO ボブ・アイガー氏、ディズニーエクスペリエンス チェアマン ジョシュ・ダマーロ氏が登壇し、「ファンタジースプリングス」の開業を宣言した。

セレモニーには、東京ディズニーリゾートオフィシャルパークファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」会員の中から抽選で選ばれた50組100名が参加。ミッキーマウスミニーマウスのほか、アナ、エルサ(『アナと雪の女王』より)、ラプンツェルフリンライダー(『塔の上のラプンツェル』より)、ピーターパンウェンディ(『ピーター・パン』より)もお祝いに駆けつけ、華やかな幕開けとなった。

セレモニー後、入場したゲストは、キャラクターをかたどった岩や、映画の世界が再現された圧倒的な空間に歓声を上げ、写真撮影をしたり、アトラクション乗車を楽しんだりメニューをほお張ったりと、映画の世界に入り込んだかのような体験を満喫。「ファンタジースプリングス」は多くの笑顔に溢れていた。

「ファンタジースプリングス」は2019年5月の工事開始から約5年、総投資額約3,200億円をかけ、2001年の東京ディズニーシー開業以来最大となる総開発面積約140,000平方メートルの開発を経て誕生した。