パートナーとの価値観の違いで悩んだ経験はありますか? 今回は婚約していた彼女と価値観の違いで破局したエピソードと読者の感想を紹介します。 イラスト:しのささむつ

彼女と婚約!

主人公は交際して3年の彼女と婚約しました。 そのため週末は、結婚式場の見学会やフェアへ参加し迷いながらもなんとか式場を予約。 そして次は、一緒に住む物件を探し始めたのですが…。 彼女のお眼鏡にかなう物件が中々見つかりません。 築年数が古いことやウォークインクローゼットがないことが気に入らないようなのです。 彼女の希望を叶えるには予算が足りないことを伝えると彼女は怒り出してしまいます。 そんな調子で2人の間に溝ができ始めていた矢先…

彼女から衝撃の提案…

出典:愛カツ 彼女が「もう無理」と言い、別れを切り出してきたのです。 主人公が考え直すように説得しても別れると言う彼女。 結局2人は別々の道を歩むことになり、予約していた式場はキャンセルとなってしまいます。 しかし半年後、共通の友人から「この前元カノちゃんの結婚式行ってきた」と聞かされた主人公。 半年足らずで元カノが結婚したという事実に言葉を失うのでした。

読者の感想

たとえお互いを大切に思っていても、妥協点を決めなければいけない事態も起こりえますよね。 価値観のズレを修正できないと、一緒にいることは難しいのだなと思いました。 (30代/女性)
結婚式場まで予約していたのに別れることになってしまったのは悲しいですね。 また、主人公と別れて半年で結婚する彼女にはびっくりしました。 (20代/女性)
※この記事はユーザーのエピソードをもとに作成しています。 ※実際に募集した感想をもとに記事化しています。 (愛カツ編集部)