マシンガンズ滝沢

ごみ清掃員としても勤務しているお笑いコンビ・マシンガンズの滝沢秀一が6日、公式Xを更新。プラスチック資源ごみを出す際に悩みがちな“問題”について答えた。

 

■カップ麺容器の洗い方

滝沢はきのう5日の投稿で、カップ麺の容器をプラスチック資源に出す前に、どこまで洗えばよいのかという疑問に回答。

食品の容器などは、中間処理で虫が寄ってこないよう、衛生状態を保つために洗う必要がある。カップ麺の容器はスープの色素などで洗っても色が残ってしまいがちだが、「この程度なら大丈夫です」と紹介していた

 

関連記事:マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

■基本は「濡れていても大丈夫」

プラスチック容器類を洗った後で、気になるのが「どこまで乾かせばよいのか」という点。並べて乾かしたり、水滴を拭いたりするのは手間や時間がかかってしまう。

滝沢は「プラ資源のどれだけ乾かしたらいいのか問題」として、「通常の清掃車回収の場合は、雨の日もプラ資源を回収しているので、濡れていても基本は大丈夫です」と、水滴がついたままの容器の写真を投稿。

「袋の中がタポンタポンの場合はマズイですが、振って水を切ってくれれば大丈夫です」と説明している。

 

関連記事:『虎に翼』回想シーンと思いきや… 寅子と優三の会話“あること”に気づいた視聴者「涙が止まりません」

■「気が楽に」「この情報はうれしい」

滝沢の解説に、ユーザーからは「確かに雨の日も回収してますもんね」「これいつも悩んで乾かしてたから有益!」「布巾で拭かなくてイイのか!」「プラもペットボトルも、1滴も残らないように乾かしてから出してました。こちらを読んで、気が楽になりました」「乾かすの大変だったからこの情報はうれしいですね」といった声が。

中には、「雨の日は口を下にして雨水がゴミ袋内に入らないカンタン対策をしております」という人も見受けられた。

関連記事:イオンの『歩きやすいサンダル』 1年履いた結果、やっぱりコスパ最高だった

■悩みがちな問題の“正解”は

プラ容器を捨てるときの“あの作業”、やらなくてよかった… 新事実に「イイのか!」「気が楽に」の声