「もう帰ってほしい…」と男性が思うおうちデートの【NG行為】とは?

外のデートも楽しいですが、おうちデートを楽しむカップルも多いでしょう。 しかし、おうちデートが原因で別れてしまうことも…。 今回は、おうちデートで「もう帰ってほしい…」と感じた女性のNG行動を、男性に語ってもらいました。

私物を雑に扱う

「僕のTシャツを借りて、どこかに投げ出して置きっぱなしにされると困る。汚れたら洗ってくれってわけではないんだけど、せめてたたんで返すとか。『ありがとう』の一言もないのは不快です」(23歳/男性) 「僕の雑誌を勝手にコースター代わりに使われて、コップの水滴でぬらされると、困る。自分の物のように使用するのは無礼だと思う」(29歳/男性) 自分の物を雑に扱われたら、誰でも不快になるでしょう。 また、自分の家では普通に行っていることでも、彼の部屋で同じことをするのはNGです。 このような行為が原因で「彼女を部屋に招くのはもう嫌」と感じることもあるでしょう。

過度な干渉、詮索

「『なんで男の一人暮らしのキッチンに何種類もの塩があるの?』と台所を詳細にチェックされたり、自分のスマホが鳴るたびに『見ないの?』と言われたり…。詮索がすごいと、もうニ度と彼女を部屋に上げたくないと思う」(31歳/男性) 男性の部屋に入ると、他の女性の影を探す女性は少なくありません。 楽しいはずのおうちデートでも、疑念が心に芽生えてしまう女性もいるようです。 気になるとは思いますが、彼との関係を壊さないために、詮索は控えましょう。

早い同棲の提案

「正直、うちにずっと居座られていると、ちょっと迷惑です…。彼女のことは大好きですが、一人の時間も必要。だから『今日も泊まっちゃおうかな』とリラックスしすぎた態度にはイライラします。『しばらく家にいることが多くなるから、一緒に住む?』と言われても、それは絶対にイヤです」(27歳/男性) おうちデートで、女性に「そろそろ帰って」と言うのが難しいと感じる男性は多いようです。 その気持ちが「会うのが面倒だな」につながることもあるため、メリハリをつけることが大切でしょう。

おうちデートでも気遣いを忘れずに

おうちデートでリラックスしていても、気遣いは忘れずにいましょう。 そうすれば、彼と幸せなおうちデートができるはずです。 (愛カツ編集部)