他人への配慮から、つい過剰な介入をしてしまうこともあるでしょう。 この記事では、他人を不快にさせてしまう可能性があるおせっかいな行動について見ていきます。

友達関係のデリケートさ

「『友だちだから』と言われると、逆に窮屈さを感じてしまいます。勝手に話に加わらず、黙っていてほしい時もあるんです」(32歳/男性) 友人間のトラブルにおいても、外部の人間が無闇に関与すると、より状況を悪化させてしまうことも。時と場合をわきまえて行動することが肝要です。

職場でのセンシティブな相談

「仕事の相談をしたら『それはダメだよ』と断定的なアドバイスを受け、逆にストレスを感じました。異なる業界の話なのに、理解しようとしない態度に苛立ちを覚えます」(25歳/男性) 専門性が高い職場では、未経験の領域についてのコメントは慎重に行い、相手の立場を尊重する姿勢が大切になります。

家庭内の微妙なバランス

「義母からの一方的な悪口に、家族の平和を乱されています。『離婚すべき』などと言われると、ただただ困惑するばかりです」(37歳/女性) 家族間の話題は特に繊細な扱いを要します。一方的な意見の押し付けは、家族関係の溝を深める原因になり得ます。

相手の意向を尊重しよう

「義母から、退職祝いで洋服をもらいました。 実は義母は以前からロングスカートなどサイズが大きめの服を私に着せようとしていて…やんわりと断ってきました。 プレゼントは嬉しかったですが、正直ありがた迷惑でした…。」(30代女性)理なアドバイスを避け、相手の声に耳を傾ける柔軟な姿勢が大切だといえるでしょう。 (愛カツ編集部)