ヨーグルト

みなさん、無糖ヨーグルトはどうやって食べますか?

砂糖、蜂蜜、メイプルシロップ、さらには“塩”という食通もいるだろう。味わい方は様々だが、市販のアメを数粒入れると「想像以上の味」が生まれることを諸君は知っているだろうか。早速記者は、どのアメが最も美味しくなるか実験を行った。

【実験結果を見る】記者が何気なくフリスクを入れると衝撃の“化学反応”が…

 
画像をもっと見る

■パインアメが教えてくれた

ヨーグルトにアメを入れる

ヨーグルトにアメを入れる裏ワザ、話題になったのは「パインアメ」公式アカウントが過去Xで発信したつぶやき。

「(1)パインアメ8粒を無糖ヨーグルト1パックに入れて混ぜる (2)冷蔵庫で1日放置 以上。めっちゃおいしいのでぜひ試してみてくだパイン!」と写真を添え、そのシンプルな裏ワザレシピを紹介したのだ。

注目は、「1日放置しておくとほぼ飴は解けシロップ状になります」という説明。だったらどのアメでもいけるんじゃないか、そう思った記者は、地元スーパーで無糖ヨーグルトを購入し、自宅のアメに加え、菓子店で購入したアメを揃えた。

 

関連記事:マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

■だいたいヨーグルト50gにアメ1粒

ヨーグルトにアメを入れる

パインアメ公式が投稿した写真には、400g入りヨーグルトにアメ8粒を入れている。つまりヨーグルト50gにつきアメ1粒ということである。

器に約50gのヨーグルトを取り、それぞれ1粒ずつアメを入れ、ラップをかけたら冷蔵庫で一日。

ヨーグルトにアメを入れる

翌日、器の中を見るとまだ粒が残っていたが、スプーンでかき混ぜると瞬時に固体からトロトロの液体に変化し、ヨーグルトと一体化した。すげえ! あとは味見を残すのみである。

関連記事:夢眠ねむ、エイプリルフールへの本音ポツリ 「嘘のセンスでその人の…」

■実験してわかった法則

ヨーグルトにアメを入れる

1品目はパイン株式会社の看板商品「パインアメ」。ヨーグルトに入ると黄色カラーが消え、ちょっとグリーン色になっていた。口当たり良く、フレッシュなパイン感が際立っている。

パインアメバージョン

じつにフルーティで、甘さもちょうどいい。マンゴーラッシーのような美味しさがあり、これはさすがに大当たり。星5つの評価。

黒みつバージョン

2品目は日本橋榮太樓(えいたろう)の「黒みつ飴」。くるくるかき混ぜると茶色く色づいた。黒蜜の芳醇な甘さを期待していたが、こちらはヨーグルトに負け、風味がほとんど残っていない…。

上品な甘さはしっかり残っているのでヨーグルト自体は美味しいのだが、目をつぶって食べたら黒蜜感はゼロな気がする。意外性がなかったので、ちょっと厳し目な星1つの評価。

シャインマスカットバージョン

3品目は宮川製菓の「魅惑のシャインマスカット」。山形県シャインマスカットピューレを練り込んだ商品で、その高級な味わいが特徴である。ヨーグルトに入れてもかなり美味しい。

味も香りもマスカットヨーグルトになり、こちらもフルーティだ。ヨーグルトにはフルーツ系のアメがバッチリ合う。ただちょっとだけ薄いチープな味わいになった気も。評価は星4つ。

 

関連記事:ひんやりぷるぷる「ヨーグルトレアチーズケーキ」 簡単調理でおもてなしにもぴったり

■無駄無駄無駄ァだった「ディオの涙」

ヨーグルトにアメを入れる

4品目は友人にもらったバンダイナムコの「ディオ・ブランドーの涙キャンディ」。『ジョジョの奇妙な冒険』展示イベントで購入してきたそうで、テイストは爽やかソーダ味。

ディオの涙バージョン

ヨーグルトとの相性はというと…イマイチ。爽やかさは確かに増すのだが、ヨーグルトの酸味がその倍くらい増してしまい、後味が悪い。評価は星2つ。っていうかこのディオの涙って嘘泣きのシーンだった気が…。

ヨーグルトにアメを入れる

5品目は趣向を変えて海外のアメに。イタリアの「ラドマーカー コーヒーキャンディ」だ。色はカプチーノのようで、香りも残っている。

コーヒーバージョン

味もしっかりコーヒーテイストで、想像通りの味に仕上がったのだが、たくさん食べられるかどうかと問われるとNO。記者はかなりのコーヒー好きだが、これは一口くらいでいいかな…というリアルな感想だ。星1つの評価。ごめん…!

ヨーグルトにアメを入れる

6品目は、ドン・キホーテで買ったアメリカのカラフルなお菓子「ナーズ ツイストアンドミックス」。黄、緑、ピンク、赤、オレンジの5カラーがあり、それぞれチェリーやレモン青リンゴのようなアメリカンな味がするやつだ。

カラフルアメバージョン

ヨーグルトには虹色のような綺麗な色が出ており、混ぜると茶色に。なんとも嫌な予感を覚えつつ口に運ぶと…ウマい。激ウマい。ベリー系のような、さくらんぼ缶詰のような、謎なトロピカルテイストと甘さが絶妙で、これまで食べた中ではダントツに美味しいと感じた。想像をはるかに超える星5つの評価。

 

関連記事:西川貴教、阪神優勝に“意外な貢献”を果たしたのは… ファン「間違いないです」

■最後にお口直し

ヨーグルトにアメを入れる

すべての実験を終え、満足気なままお口直しにフリスクを一粒。鋭いミントが一気に清涼感をくれる。

…あれ、これも入れろってことでは、という神のお告げを感じた記者は余分に買っていたヨーグルト1パックに全粒を投入。一晩置いて食べることにした。

ヨーグルトにアメを入れる

蓋を開けると、目にツーンとくるほどの強烈ミント。口に入れても完全にミント。しかも全然フリスク自体の刺激が衰えていない。マジですごい。ヨーグルト側が完全に負けているのだ。

ヨーグルトにアメを入れる

例えるなら、「フリスクのような巨大な何か」である。爽やかさは抜群で、ヨーグルトとの相性も良い。評価は星5つ。…1日にヨーグルト2パック(800g)を完食した記者は、次なる挑戦者を待つ。

平凡な「ヨーグルト」が激ウマになる裏ワザ、最後フリスク入れたらミラクルが起きた