結婚後、パートナーの思わぬ行動に幻滅した経験があるかもしれませんね。 ここでは、結婚後に幻滅した夫の言動を紹介します。

キッチン放置で皿の山

「結婚後、夫が洗い物は自分がすると言いながらも数日間放置され続ける皿やカップに驚きました。衛生的にもどうなのかと…」(26歳) キッチンの清潔さは共に暮らすうえで大切です。 皿を洗わないことは、すぐに対処すべき問題でしょう。 このような小さな気配りこそ、信頼関係を築くうえで不可欠なのです。

朝のバスルームを占領

「朝、準備でバスルームを長く占領されて、遅刻しそうになるんです。互いの生活を尊重する意識がほしいですね」(25歳) 朝の時間の流れは、共同生活の中で大切にしたい部分。 使う時間のルールを設け、相手が使っているときは別室で髪のセットをするなど、工夫することでスムーズな朝を迎えられるかもしれません。

家事を避ける言い訳

「『僕が一番疲れているから』と家事から逃げる姿勢を見て、がっかり」(30歳) 夫婦はともに助け合うべき。 家事を一方に押しつける様子は、よくない傾向でしょう。

自分勝手な態度

「息子が高熱を出し、病院に行くため夫に車を貸してほしいとお願いしました。すると夫に『無理ー今日はマンガ喫茶に行くから電車で行って』と言われ『は!?』と幻滅しました」(30代/女性) 互いに気持ちよく暮らすためには、相手を思いやる心が重要。日々の行動を振り返りながら、共に満足のいく生活を目指しましょう。 (愛カツ編集部)