ホラー映画やグロテスクシーンがある映画を子どものころに見てしまうと、ときどきトラウマのように頭から離れなくなってしまうことがあります。今回は、そんな小さいころにみてトラウマになった映画やドラマについて、社会人のみなさんに聞いてみました。

■怖くてお風呂に入れない
・呪怨/夢に出てきたから(女性/31歳/自動車関連)
・怪談/便器から手が出る。くみ取り式のトイレは、暗くて怖いイメージがついた(男性/50歳以上/電機)
13日の金曜日ジェイソンは有名。知名度もある(男性/43歳/建設・土木)
リング/怖い系は絶対に見ないと決めていたのに、うっかり見てしまったので寝られなかった(女性/27歳/金融・証券)

これを見た後はお風呂に入るのも、トイレに行くのも、夜眠るのも怖くなります。

■激しすぎる心の痛み
はだしのゲン/グロいシーンが多すぎて、なんの救いもない(女性/30歳/商社・卸)
火垂るの墓/見ていて悲しさのあまり気分が悪くなってしまった。あまりに救いのない話だと思う(男性/32歳/機械・精密機器)
火垂るの墓リアルで胸が締め付けられる。コンディションが良くないと見れない(女性/41歳/その他)

学校の図書館から姿を消すかどうかというところまで議論された戦争に関する作品。映画ではさらにリアルな描写のため、悲しみに向き合う覚悟がないとトラウマになる可能性もあります。

■後を引く不気味
チャイルド・プレイ/人形の不気味な顔が印象に残りすぎていて内容は全くといっていいほど覚えていないが後味わるかった印象。後に残りすぎホラー(女性/30歳/金融・証券)
世にも奇妙な物語タモリさんのナレーションが怖さを倍増させて、夜中にトイレに行けなかった(女性/23歳/金融・証券)
ミザリー/心理的に鬼気迫るものがある(女性/33歳/機械・精密機器)

見たあとに、いつまでも頭に残るグラグラとした不気味さ。脳裏にこびりついて離れません。

■そういう映画ではないが
タイタニック/船に乗ったら沈没して死ぬんではないかと思ったから(女性/21歳/運輸・倉庫)
ウルトラマン/怪獣が出てきて壊しまくるから、いつも追いかけられる悪夢を見ていた(男性/46歳/電力・ガス・石油)
風の谷のナウシカ/あの巨大な虫の触手のシーンは、ある意味グロかった(男性/35歳/団体・公益法人・官公庁)

恋愛ものやヒーローもの、そしてまさかのアニメでも、人によってトラウマになってしまうこともあります。

■犯罪ものや推理もの
金田一少年の事件簿/閉ざされた空間で一人ずつあやめられて行く展開が怖かった(男性/29歳/機械・精密機器)
踊る大捜査線 The movie/歯を矯正したキョンキョンが笑みを浮かべるシーンがなんとも不気味で衝撃的だった(男性/25歳/その他)
羊たちの沈黙/レクター博士が脱獄のために看守2人を食い殺すシーンが今でも印象に残っている(男性/31歳/商社・卸)

ホラーなどとは違う、ドキドキとした恐怖感があります。

強烈なインパクトを残す映画は、それほどの刺激があるということ。上記の作品は、ちょっと暇だから......というノリではなく、しっかりとコンディションを整えてから見るようにしましょう。

調査期間:2015/3月(フレッシャーズ調べ)
調査対象:社会人男女
有効回答件数:469件


映画ライターに聞いた、見ると時間をムダにしたと激しく後悔する映画5選