ヘヴィメタルハードロックは、その長い歴史の中で数多くの"足し算"によって新しいサウンドを作り出し、進化を果たしてきた音楽です。

【写真】魅惑の「おっぱいジャケット」18作をすべて見る!

例えば、ニューヨークスラッシュメタルパンクロックから影響を受けた、激しくスピーディーなヘヴィメタルのサブジャンルバンドANTHRAXは、ヒップホップグループのPublic Enemyとコラボレーションを行い不朽の大名曲『Bring The Noise』をリリース。後にKORNLimp Bizkitといったバンドによって一大ブームを巻き起こすことになるラップメタルの先鞭をつけました。

また、そのANTHRAXメンバーによるサイドプロジェクトであるS.O.Dは、ヘヴィメタルハードコアパンクの音楽性を融合。"クロスオーヴァースラッシュ"と呼ばれるスタイルを確立し、メタルパンクというふたつの音楽シーンに大きな影響を与えました。

こうした先例の他にも、ヘヴィメタルハードロックポップスやファンクジャズ電子音楽ポストロックオペラ民族音楽などなど、ありとあらゆる音楽とクロスオーヴァー(交配)し、刺激的で新しい音を生み出し続けています。

そんなHR/HMに、足し算をすることで、私も新しい何かを生み出せるのではないかと考えました。そこで、私が選んだサムシングというのが……女の子の胸に付いているふたつの可愛くてエッチで、何よりも幸せな膨らみ……ズバリ、"おっぱい"です!

男の子ヘヴィメタルハードロックといった激しい音楽が大好き。

そして、男の子おっぱいが大好き。

そのふたつの"大好き"が合体すれば、そこにはとても大きくて力強いエネルギーが生まれることでしょう。

そんなこんなで、数年前からジャケットおっぱいが描かれているHR/HMアルバムを集め始めたのですが、これがなかなかにおもしろいものが多いのです。そんなおっぱいアルバムを私のコレクションの中から紹介しつつ、その魅力をタップリと語らせていただきます!

あの超有名バンドによるおっぱいアルバムジャケット

Bon Joviワイルド・イン・ザ・ストリーツ』

先ずは、このアルバムからご紹介! 日本で、最も有名なおっぱいジャケのメタルアルバムではないでしょうか? Bon Joviの『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』(原題は『Slippery When Wet』)です。

メタルハードロックに興味がない人でも一度はそのメロディを耳にしたことがあるであろう大名曲『You Give Love A Bad Name』と『Livin' on a Prayer』を収録したこの3rd.アルバムは、濡れたシャツからこぼれんばかりの大きな胸が何ともキャッチーなデザインとなっています。

実は、このアートワークは、日本限定のもの。本国アメリカを始めとする諸外国では、アルバムタイトルが大きく描かれたシンプルなものが使用されています。

Scorpions『ラブドライブ

Bon Joviと同じく大御所ハードロックバンドリリースしたおっぱいアルバムが、今年、結成50周年を迎えたドイツの"蠍団"こと、Scorpionsの『ラブドライブ』。

エロティックなアルバムジャケットを連発し、それらがことごとく発禁になって差し替えになる破廉恥なバンド、蠍団。女性の片乳っからガムだかゴムだかがビローンとなっているこのシュールジャケットも、女性蔑視とのクレームが付き、後に一部の国で発禁になりましたが、日本ではオリジナルのアートワークが流通しています。

こんな仕上がりですが、デザインPink Floydの諸作品やLed Zeppelinジャケットデザインロックファンにはお馴染みのヒプノシス。更には、Scorpionsのギタリストルドルフ・シェンカーの実弟であるマイケル・シェンカーが数曲参加と、おっぱいフェチならずとも、ロックファンならば必聴の1枚です。

エロジャケといえば…LAメタルおっぱいジャケ

エロジャケといえば、やっぱりコレ? LAメタルおっぱいジャケ!

80年代にロスアンゼルスを中心に勃興し、MTVの影響もあって世界中に大ブームを巻き起こしたムーブメント。それが、LAメタル

ケバケバしいメイクや華美な衣装でヘヴィメタルを毒々しく演出し、しかし、その曲はどこかポップでキャッチーなLAメタル。女性に対する赤裸々な歌詞を用いたナンバーも多く、アルバムジャケットもセクシー系のものが数多く存在しています。

POISONDouble Dose Of Poison: Ultimate Hits

LAメタルを代表するバンドPOISONによるベスト盤は、グラマラスなバンドイメージが見事に表現された傑作。

ULTIMATE HITS』のタイトルに恥じない2枚組ベストは、その音源のボリュームを象徴するかの如くジャケットに描かれた、たわわな胸の谷間が目を惹きます。

代表曲が網羅されているので、POISON初心者LAメタルの入門編としても手にとっていただきたい作品です。

Great WhiteAbsolute Hits

こちらはチラリズムが素敵な1枚! ブルージーなテイストを持ったメタルサウンドを武器とするGreat White。そのベスト盤である『Absolute Hits』は、革ジャンと並ぶハードロックヘヴィメタルファッション定番のアイテムデニムジャケットからチラリと顔を覗かせるおっぱいが素敵。

このバンドは、セクシー系のジャケットが多いのですが、どちらかという"脚フェチ"的なデザインが多いので、おっぱいなこのベストは何気に貴重。

とにかくド派手なイメージのあるLAメタル勢の中でも、ブルースを基盤とした本格的なロック志向を持つGreat Whiteらしく、ちょっと控えめなサイズおっぱいが堪りませんね。

KEEL『Lay Down the Law

ヘヴィメタルファンには、お馴染みな1枚だと思います。KEELの1st『Lay Down the Law』。

スーパーギタリストの代表格、イングヴェイ・マルムスティーンも在籍していたメタルバンド、Steelerのヴォーカリストだったロン・キールが自身の名を冠してロスで結成した新バンド、KEEL。豪放でド直球なヘヴィメタルに、ロン・キールの腹の底から絞り出すように歌うパワフルな歌唱が乗っかるスタイルカッコ良い!

バンドデビュー作である本作のジャケットは……完全に揉んじゃっています!
ノースリーブの革ジャンを着込んだ婦警さん(?)を拘束し、その手でおっぱいを鷲掴みという不敬なジャケットからは、ちょっと危険な香りが。この辺りもサウンド同様に、キッチリとヘヴィメタルに対するパブリックイメージを順守している印象です。

STEEL PANTHER『鋼鉄の玉!』

現在のロックシーンで、POSIONやMotley CrueといったLAメタルバンドスタイルを引き継ぎ、80年代の強烈なビジュアルによるパワフルなヘヴィメタルコミカルパロディ化しつつも、愛情タップリに再現してみせるSTEEL PANTHER。

元々、大物ヘヴィメタルミュージシャンバックバンドや、ショークラブの専属バンドをやっていた人たちなので、演奏や歌がとてつもなく上手い上に、ソングライティングのセンスも抜群! 昨年、行われた来日公演も素晴らしいものでした。

彼らの2ndアルバム『BALLS OUT』(邦題『鋼鉄の玉!』)は、恍惚の表情を浮かべた女性の下乳に股間にブラ下げたふたつの玉というエロスとユーモアが交錯する絶妙なバランス感覚がグッド!

下品だけれど笑えて、フザケてるんだけどテクニックは確かで実は大マジ。そうした相反する要素がこのバンドの一番の魅力だと思うんですが、そうした方向性が見事に表現されたおっぱいジャケだと思います。毎回、エゲツないくらいにヤリ過ぎなPVも必見ですよ!

まだまだあるぞ、おっぱいHR/HMアルバム

上から横から……まだまだあるぞ! おっぱいHR/HMアルバム

STARZ『BRIGHTEST STARZ:ANTHOLOGY』

マイナーどころのバンドですが、個人的にお気に入りの1枚。STARZのベスト盤『BRIGHTEST STARZ:ANTHOLOGY』は、革ジャンから覗く胸の谷間が何とも刺激的。

STARZは米国のハードロックバンドで、あのKISSと同じプロダクションに所属していたとのこと。残念ながら、KISSとは違い、メジャーバンドにはなれなかったようですが、楽曲はどれも良く、このベスト盤ではハードポップアメリカロックを堪能することができます。隠れたおっぱいジャケットの名盤!

Motor SisterRide

レザーと乳の組み合わせが素晴らしいおっぱいジャケットといえば、今年リリースされたこのアルバムも良かったです。Motor Sisterデビュー作『Ride』!

Motor Sisterは、冒頭にそのフリーダムな音楽性をご紹介したANTHRAX、S.O.Dのギタリストスコットイアンが結成した新バンドスコットが大ファンというハードロックバンドMother Superiorの元メンバーと、Mother Superiorの楽曲をメタリックアレンジして再構築する……というプロジェクト的なバンドで、音もカッコ良いんですが、何よりもこの扇情的なジャケット素晴らしい

ANTHRAXMETALLICAを代表とする80年代スラッシュメタルバンドジャケットって、全然女っ気が無いものがほとんどなので、2000年代に入ってANTHRAXメンバーがこんな秀逸なエロジャケの作品をリリースするなんて思いもしませんでした。ANTHRAX1st.なんて、オッサンメリケンサックで殴られているという本当に酷いデザインでしたから……。

Bullet For My Valentine『Fever

ヘヴィメタルの未来を担う新世代として衝撃的に登場し、後続のバンドに大きな影響を与え、現在もトップランナーのひとりとして走り続けるBullet For My Valentine。

ここ日本でも、SUMMER SONICやLOUD PARKといった大型ロックフェスに何度も出演し、大人気のバンドです。2010年リリースされた3rdアルバムFever』は、ジャケットに描かれた女性の横乳が何ともおっぱいフェチの感性をくすぐってきます。

何気に横から見たお胸を描いたヘヴィメタルジャケットって珍しいので、そういう意味でも貴重な作品です。音の方は、初期の猪突猛進なサウンドから進化を遂げ、より広い層にアプローチできそうな完成度の高いヘヴィメタルが全編に渡って繰り広げられる隙のない内容!

更にディープに……マニアックおっぱいジャケ

更に、もっとディープに……マニアックおっぱいジャケをご紹介!

ここからは、更にディープなヘヴィメタルハードロックの世界をご紹介させていただきます!

Sonic Pulse『Lager Than Life

物凄いマイナーどころのバンドおっぱいジャケなヘヴィメタルアルバムなんですが、どう見ても同人美少女ゲームパッケージにしか見えないインパクト大なイラスト

ヘヴィメタルアルバムなのに、まさかのアニメ絵を使ったジャケットを作ってしまったのは、アメリカボストン出身のSonic Pulseというバンド。その1stアルバムが、この『Lager Than Life』です。

どうやら、メンバーは日本のゲームアニメが大好きなオタクたちらしく、故にアルバムジャケットもこんな感じになってしまった模様。YouTubeで公開しているPVも酷い!

こんなジャケットじゃ音の方は……と、正直、ジャケット目当て(だって、おっぱいデカイし)で購入したのですが、なかなかどうしてメロディック・スピードメタル(叙情性とギター速弾きを駆使した美しいメロディーによる高揚感、スピード感に特化ヘヴィメタル)のポップさに、スラッシュメタルのパンキッシュな要素が組み合わさった、今までありそうでなかったサウンドに仕上がっています。

歌詞もゾンビビールのことを歌っていて、オタク特有のボンクラさに溢れていて最高です。しかし、アニメ絵でもおっぱいバインバインでムチムチモッチリな女の娘の身体つき……流石は、アメリカって感じですね。

TANKARD『The Beauty And The Beast

こちらもアニメっぽいイラストによるおっぱいジャケットビールのことばっかり歌うドイツの酔いどれ軍団、TANKARDの『The Beauty And The Beast』は、猛烈な速度で展開されるスラッシュメタルが堪らないアルバム

ドイツスラッシュメタルバンドは、暴力的でとにかく激しいものが多いのですが、このバンドはファニーなセンスもあって、比較的聴きやすいバンドだと思います。

アルバムジャケットを彩るのは、オクトーバーフェストな衣装に身を包んだ爆乳な娘さんと醜悪なモンスター。まさに、『美女と野獣』的なモチーフドイツ流に解釈した意匠で、可愛らしさの中にも毒があるナイスデザインだと思います。

ちょっとハードめなおっぱいジャケ

PIG DESTROYER『Terrifyer』

アンダーグラウンドヘヴィメタルファンあらば漏れなくその名前を知っているであろう名グラインドコア("ブラストビート"と呼ばれる激烈な速さのドラミングを中心とした、ファストで重くアヴァンギャルドなハードコアヘヴィメタルのサブジャンルバンド、AxCxのギタリストだったスコット・ハルが結成したPIG DESTROYERグラインドコアを代表するバンドのひとつとして、日本にも何度か来日を果たしています。

3rdアルバム『Terrifyer』は、このバンドの持ち味である常軌を逸したハイスピードグラインドコアを収めた1枚目と、プログレッシヴな長尺ナンバー1曲のみによる2枚目という変則的な構成による2枚組のアルバム。全力で暴れられる1枚目と実験的で叙情性の高い2枚目とのギャップが何とも印象的な作品です。

ジャケットも爆乳なお姉さんイラストが描かれた攻撃的で挑発的なものなのですが、真っ赤な背景といい、傷のようなノイジーなタッチといい、エロいというよりは不穏で何とも毒々しい仕上がりになっています。リリースされた国によっては、規制用のスリーブが差し込まれるなど、グラインドコアの凶暴性を雄弁に物語るおっぱいジャケ!

Impaled NazareneAbsence Of War Does Not Mean Peace

これも、筆者が大のお気に入りなジャケットフィンランドのImpaled Nazareneによる『Absence Of War Does Not Mean Peace』というアルバムなのですが、柔らかいおっぱいに硬質で物騒なガンベルト(銃の薬莢を束ねたベルト)を組み合わせるアイデアが凄いです。

ガンベルトは、ヘヴィメタルの象徴的アイテムのひとつなのですが、まさか、こういう使い方があるとは予想もしませんでした。エ……エロい……。

Impaled Nazareneアルバムは、この1枚しか所持していないのですが、ひたすらにアグレッシヴで暴虐的なサウンドパッケージされた作品でした。

WIDOW『Life's Blood

アメリカはノース・カロライナ州出身のWIDOW。2000年代に入って登場したENFORCERやSTEELWINGといったバンドに代表されるクラシカルなメタルを現代的にアップデートして再現するスタイルバンドで、そこに、ダークな世界観を加えることで、ユニークオリジナリティを獲得することに成功しています。

そんなWIDOWの現在のところの最新作が、2011年作の『Life's Blood』。血塗れな修道女のおっぱいがイーヴィルでありながら何とも扇情的。メロディアスな楽曲が揃っており、非常に聴きやすい作品だと思います。

中でも『Take Hold Of The Night』は、ギターのリフがクールな良曲ですよ!

おっぱいジャケの宝庫!ストーナー、ドゥーム、スラッジ

おっぱいジャケットの宝庫! ストーナー、ドゥーム、スラッジの世界!

ヘヴィメタルハードロックのサブジャンルの中でも、特におっぱいモチーフアルバムジャケットが多いのが、ストナーやドゥーム、スラッジと呼ばれる一連の音楽ジャンルです。いずれもそれぞれの差異や概要を説明するのがなかなかに困難なジャンルなのですが、広義でいえば、英国のBlack Sabbathオジー・オズボーンヴォーカルを務めていた英国のハードロックバンド)が確立した、重く、暗く、のたうつようなヘヴィな音をその大きな特徴としています。

EYEHATEGOD『EYEHATEGOD

スラッジメタルの代表的なバンドのひとつ、EYEHATEGODが昨年、14年ぶりにリリースしたオリジナルアルバムであり最新作してセルフタイトル作『EYEHATEGOD』は、このバンドの持つ凶暴で残忍な音楽性が見事にパッケージされ、長いブランクを埋める「EYEHATEGOD、ここにあり!」をヘヴィメタルファンに知らしめた快作。

こちらもおっぱいジャケットですが、磔にされたヌードの女性の姿が如何にも邪悪な空気を醸し出している秀逸なデザインおっぱいなのに、全くポップじゃないというこの感覚が、実にEYEHATEGODらしいセンスです。アルバム自体も実に"らしい"、素晴らしい完成度ですので、最新作からこのバンドに入るのもアリです!

THE HEADS『Everybody Knows We Got Nowhere

ちょっとマイナーバンドではあるんですが、個人的に大好きなバンド、THE HEADS。

英国出身のバンドで、非常に酩酊感のあるグルーヴィーなロックをやっています。アナログ盤でのリリースや限定版、編集盤など、マニアックな作品が多いバンドで、メンバーもかなりのおっぱい好きなのか、エロティックなデザインジャケットを数多く残しています。

本作『Everybody Knows We Got Nowhere』は、そんなTHE HEADSの2ndフルレングス。長いこと廃盤になっていた作品なのですが、根強い人気があるのか昨年、再発されました。

セクシーなジャケットに加えて、中のブックレットも大変なことになっています。おっぱい好きには、是非とも手にとって欲しい1枚! これより、更に、ジャケットおっぱい度が高い1st『Relaxing With…』もオススメですよ!

CandlemassBest of…As It Was, As It』

前述の通り、何故かおっぱいジャケが多いドゥームストナロック、スラッジ界隈。ドゥームメタルの始祖のひとつといわれるスウェーデンCandlemassおっぱいジャケットを残しています。

Best of…As It Was, As It』は、バンドの音源を2枚組で収録したベスト盤。というか、さっきからヘヴィメタルバンドベスト盤におけるおっぱい率の高さは何なんでしょうか……?

基本はドッタリのったりとした重くて暗いヘヴィメタルですが、音によってはポップシンセサイザーの音が飛び道具的に使われていたり、正統派速弾きをしていたりと、こうしてまとめて聴いてみると意外と音のバラエティーは豊かです。アート性の高いジャケットも良いですね。

BARONESS『Phantom Limb』

そして、最後にご紹介したいのが現在進行形で大活躍しており、更なる今後の躍進も期待できるジョージア州出身のBARONESS!

ヘヴィでプログレッシブサウンド素晴らしいのは勿論のこと、このバンドの特異な点は、ヴォーカルギターを務めるジョン・ベイズリーが画家としても活動をしており、アルバムのアートワークを手掛けているところ。

しかも、その作品には豊かな胸を持った裸婦が定番のモチーフとして使われており、非常にエロティックかつ美しい世界観を構築しています。

自身のバンド以外にもアンダーグラウンドヘヴィメタルバンドのアートワーク(先ほどご紹介したPIG DESTROYER4thアルバムPhantom Limb』のアルバムジャケットも彼の作品!)からMETALLICAの公式Tシャツデザイン至るまで、様々なアートを担当。物凄い人なんです。

個人的にお気に入りの作品は、2枚組の3rdアルバムYellowGreen』。1st2ndで構築した壮大なサウンドに程よくポップな感性をブレンドした非常に完成度の高い作品です。

嗚呼、素晴らしき哉、おっぱいHR/HMの世界!

そんなこんなで、大好きなハードロックヘヴィメタルアルバムおっぱい中心に紹介してみました。

この他にも、過激すぎて紹介できなかったアルバムWitchfinder Generalの諸作品とか……)も多数ありますし、ジャケットだけじゃなく爆乳シンガーマリア・ブリンク率いるIn This Momentや女性ヴォーカリストふたりの衣装の露出度が凄まじいことになっているButher Babiesなど、存在そのものがおっぱいヘヴィメタルバンドも存在しています。

何気に深いおっぱいHR/HMの世界。おっぱいで購入する作品を選ぶなんで、馬鹿馬鹿しく聞こえるかもしれませんが、これがなかなかどうして色々と発見があるものなのです。

例えば、ヘヴィメタルという音楽はそのサブジャンルが非常にマニアックに細別化されており、自分が興味のあるジャンル、好んでいるジャンル以外はなかなか情報が入りにくい、触れづらいという側面があります。

しかしながらおっぱいの力はそんなジャンルの障壁をやすやすと越えさせてくれます。アルバムジャケットに良いおっぱいがある。それをきっかけに購入すれば、自ずと新しい世界が開けてくるものなのです。

現に、今回ご紹介させていただいたImpaled Nazareneなどは、ヘヴィメタルの中でも特に凶暴度が高いブラックメタルと呼ばれるシーンに属しており、ブラックメタルに余り馴染みのない筆者は、ジャケットおっぱいがなければきっとそのアルバムを購入することは一生なかったでしょう。

Sonic PulseやTHE HEADSといったインディーシーンで活動を行っているコアなバンドの場合も、きっとおっぱいというきっかけがなければその名前を知ることもなかったかもしれません。

また、おっぱいを求めることで、BARONESSのジョン・ベイズリーのような素晴らしいアーティストとの出会いもおっぱいジャケットを巡る壮大な旅における醍醐味のひとつ。

素晴らしい音楽や優れたアートとの出会いも、全ては、おっぱいのおかげなのです。おっぱいよ、ありがとう

というわけで、皆さんも、興味がありましたら是非ともおっぱいジャケットが描かれたアルバムを探して、グレートヘヴィメタルハードロックとの邂逅を果たしてくださいね