桐谷美玲が出演しているキヤノンテレビCM桐谷美玲の「ニャ〜」にドキドキした人も多いのでは? さらには2015年4月よりTOKYO MXサンテレビBS11などで放送中のアニメえとたま』。こちらでは干支神を目指す猫のえと娘・にゃ〜たんが登場し、「◯◯だにゃー」と猫語を話している。にゃ〜たんのキュートさを演出するにあたり、この猫語が果たした役割は大きいと感じられる。

このように随所で耳にしたり目にしたりする猫語に、「萌え〜」を覚える人もいるのでは? しかし、そもそもとしてなぜ、猫語に愛らしさを感じるのだろうか? 心理学者の内藤誼人先生に聞いてみることにした。

■語尾をのばすとドラマ仕立てに

筆者が調べたところ、猫は猫同士で会話することは少なく、鳴き声を発するのは人とのコミュニケーションのためがほとんどとのこと。ゆえに大前提として、猫がこちらを見て「にゃー」と鳴く姿にキュンとしてしまうということがあるのかもしれないが、その「にゃー」を応用とした猫語に反応してしまう理由とは……?

「猫語が魅力的に聞こえる理由は、『ドラマ効果』によるためでしょう。米国のプレゼン研究家ミッキー・ホリデイによりますと、語尾を引きのばしたような話し方をすると、まるでドラマ仕立ての話を聞かせるような効果があるというのです。これがドラマ効果です」(内藤先生)

語尾をのばすとドラマ効果が生まれるという研究結果があることがわかったが、果たして猫語でもその効果はあるのだろうか?

「『わかったニャー』といった猫語も、『ニャー』という部分が語尾を引きのばした話し方ですので、ドラマ効果を生み出しやすいといえます」(内藤先生)

どうやら猫語はただ愛くるしいだけではなく、心理学的に裏づけとなる効果がわかったわけだが、語尾を引きのばす話し方は猫語以外でもできるのでは!?

■犬でも、ライオンでも、同じ効果が!!

上述の疑問を内藤先生にぶつけてみると、思いもよらぬ回答が……。

心理学的には、別に猫語でなくとも、『わかったワーン』という犬語でも、『わかったガオー』といったライオン語でも、同じような効果があるだろうと予想できます。その点に関しては、猫でなくともよいわけです」(内藤先生)

猫語以外でもドラマ効果は期待できるということであり、今後はさらに様々な動物言葉が流行するかもしれない。犬好きの筆者としては犬語の広まりを期待しつつ。

「おしトピ by 教えて!goo」では皆さんが猫語をどう思っているのか意見を募集中だ!

「あなたは猫語をどう思うか教えて!」

●専門家プロフィール:内藤 誼人(ないとう よしひと)
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「『人たらし』のブラック交際術」(大和書房)、「『図解』読心術トレーニング」(廣済堂出版)他、著書多数。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

猫語が流行る理由とは