家族人、同僚などから愚痴や不満を聞かされてつらい経験をしたことはないだろうか。愚痴を聞かされ続けると、自分の方まで暗い気分になってしまうものだ。

今回紹介するのは、「教えて!goo」投稿された「彼女の愚痴について」という質問。彼女と毎晩のように電話しているが、その内容が彼女愚痴ばかりで聞いているのがつらい、というお悩み。こういった場合、いったいどうすればいいのだろうか?

■ひたすら耐えるべき? それとも、はっきり注意するべき?

この相談に対して、ユーザーからはさまざまな意見が寄せられた。

「聞いてあげてください。彼女も解決にならないことは知っていながら、つい口から出てしまうのでしょうね。あなたに安らぎめているんですよ」(noname#20798さん)

男としては、彼女から安らぎめられたらうれしいものだ。とはいえ、いつも愚痴ばかり聞かされるのは、やはりつらい。

一方、自分も彼氏に愚痴がばかりこぼしていたという女性からは、こんな意見が寄せられた。

「あなたの気持ちを、率直に少し厳しいくらいに伝えてみたらどうでしょう? もちろん情を持って。あなたがいつも優しくしていたら彼女はいつまでも変わらないだろうし、あなた自身もストレスをためてしまいます」(noname#18616さん)

たしかに、回答してくれたユーザーのように、こうすることによってが覚める人もいるかもしれない。だが、逆に火に油を注いでしまう可性も考えられるので要注意だ。

■大切なのは、彼女クールダウンさせてあげること

相談者のような立場になった場合、どうするのが正解なのだろうか。愚痴聞きカウセラーの資格を持つ、シンガーソングライター沢ユメルさんに聞いた。

愚痴を聞くときは、相づちを上手に打って“聞き上手”になるよう心がけましょう。話す方は聞いてもらうことを望んでいるので、聞き手が意見を言う必要はありません」(沢さん)

やはり、基本的には余計な口をはさまず、聞くことに徹する姿勢が大切なようだ。だが、その状態が続けば、聞いている方も疲弊してしまう。

電話で聞くのがつらい場合は、メールで送ってもらうようお願いするといいですよ。こうすることで、相手を一度クールダウンさせることができるかもしれません」(沢さん)

なるほど! 愚痴というのは対面や電話で話すからこそ次から次に出てくるもの。だが、メールであれば入作業が必要になるから、そのあいだに相手が冷静になってくれるかもしれない。

「ただし、このお願いをするときは、『本当に聞いてあげたいんだけど、いま体調が悪くて電話で話すのがつらいんだ』など、自然な理由をつけなくてはいけません」(沢さん)

毎回、こうした理由で電話することを拒むことはできないだろうが、数回に1回程度なら可だろう。ある程度は相手に愚痴をこぼさせてやり、こちらは時々愚痴を聞くことを避けることができる。お互いにある程度満足する方法としては最適な方法かもしれない。

今後、かの愚痴に困るようなことがあれば、試してみてはいかがだろうか。

専門プロフィール茜沢 ユメル(あかねざわ ゆめる)

シンガーソングライター2007年に「夢のしずく/Heartful place」でメジャーデビュー。今年2月平和シンボル・陽テーマにした「Stay~さくらの花のように」リリース。都内を中心にライブ活動を行っているほか、東京FMミュージックバード系列「ユメルのモナリザラウンジ」日曜24:00~)でパーソナリティを務めている。


教えて!goo スタッフOshiete Staff

専門家が教える!気分が重くなる他人の愚痴を聞かずに済む方法