トクサツガガガ」の丹羽庭、脚本家小林靖子、特撮監督の荒川史絵による鼎談が、本日6月29日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ31号(小学館)に掲載されている。

【大きな画像をもっと見る】

6月30日に「トクサツガガガ」3巻が発売されることを記念して実施されたこの鼎談。「トクサツガガガ」で隠れ特撮オタクのOLを描く丹羽、「仮面ライダー電王」「烈車戦隊トッキュウジャー」などの脚本を手がけた小林、およびVシネマ「行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号」にて監督を務めた荒川の3名が、特撮愛に溢れたトークを繰り広げている。なお7月1日発売の特撮作品専門誌・宇宙船vol.149(ホビージャパン)にも3名の鼎談が掲載されるので、特撮ファンはこちらもチェックしておこう。

そのほか今号ではのりつけ雅春「オケラのつばさ」と、はまむらとしきり原作・村正みかど作画による「エロゲの太陽」が最終回を迎えた。またのりつけによる「アフロ田中」の新シリーズ「しあわせアフロ田中」が、7月13日発売の同誌33号よりスタートすることが告知されている。

週刊ビッグコミックスピリッツ31号