7月2日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、「キモいオッサン」をねらった盗撮が急増しているという新聞記事が取り上げられた。若い女性が電車内などで、ネタになりそうな中高年男性をスマホでこっそり撮影してSNSに投稿するのだという。

ターゲットは「薄毛」「デブ」といった見た目がネタになるオッサンや、「ずっと見てくる」「車内でエロ画像を見ている」などのエロいオッサンが代表的だが、それ以外にも罪のないオッサンらが多数被害に遭っているようだ。(文:みゆくらけん)

変な体勢で爆睡する姿を「ウケるー!」

たとえばバスの中でハンバーガーを食べているだけのオッサンや、インナーを間違って着ているオッサン。日々の激務でヘトヘトになり、帰宅途中の電車で変な体勢で爆睡しているオッサンの盗撮もある。

若い女性らはそれらの画像をSNS不特定多数にさらし、「ウケるー!」と笑いものにしている。この記事を受け、コメンテーターの中瀬ゆかりは不快感を露わにした。

「遊びの延長でやってるけど、これだって名誉棄損。勝手に人の写真を撮って、ボロクソ書いて全世界に撒き散らすわけだから。『SNSのネタのためだったら』って、ネタありきでやってる」

普段は下ネタ炸裂で真面目コメントが少ない岩井志麻子も、「私もネタのためなら体張るほうだけど、人様を巻き込むことはしない」と珍しく真剣に怒りを見せた。

「道徳の基本の基本。『自分がされて嫌なことは人にしてはいけません』って、小学校で習うはずなのに」

中瀬はまた、自分たちも「『キモいオバハン』というカテゴリーで盗撮されてるかもしれない」と危機感を表し、「ひとごとじゃない」と息巻いた。

「これが自分の父親だったら」と考えていただきたい

たとえば女性のスカートの中を盗撮するというのはわかりやすい犯罪だが、「キモいオッサン」を盗撮することはイタズラ感覚で犯罪意識が低くなるのだろう。軽い気持ちで盗撮され、知らぬ間に笑いものにされている中高年男性のことを考えたら心が痛む。

それでなくても日々頑張って働いているのだから、あんまり苛めないであげてほしい。もしオッサンを盗撮したくなったら、「この人が自分の父親だったら…」と考えていただきたい。可哀想になって撮れなくなるはずだ。

あわせてよみたい:親切心を好意と勘違いする「高齢者ストーカー」