男子の生態は、秘密のベールに包まれている。
「女子、来るんじゃねーよ!」「絶対入ってくんなよ!」
更衣室で、プールで、修学旅行の部屋や大浴場で、いつでも男子のぎゃーぎゃー騒ぐ歓声が聞こえていた。女子が恋バナあいうえお作文に興じていたあいだ、彼らはいったい何をしていたんだろう?

知られざる男子の生態を堂々と盗み見できるバラエティが、毎週金曜日23時30分からBS JAPANで放送されている。タイトル「メンズ温泉」。選ばれし5人のメンズがわちゃわちゃしながら温泉に入るのを眺める番組だ。
テーマは「働く女性の癒し」。
「男が温泉に入ってるのを見て、どうして癒されるんだろう?」と疑問に思うかもしれない。これが本当に癒される……というか、頭の中が無になって、代わりに肌色で満たされる感じなのだ。

35人からオーディションで選ばれた5人のメンズ


第1回と第2回は、オーディション回。
書類審査を通過した35人を、湯山玲子(『男をこじらせる前に』)や女性ライタードラァグクイーンらが、ねっとりと審査する。
基準は以下の3つ。
・すべてを知りたいと思わせるオトコ
・妄想の世界に誘ってくれるオトコ
・いつも機嫌がいいオトコ

オーディション参加者はバラエティ豊か。俳優・芸人・プランナー・料理研究家・格闘家・ラッパー・ホスト・落語家フリーター小説家志望)……。細マッチョが多く、6つに割れた腹筋をカメラが舐めるように撮る。中にはちょっとポニョっている人も、もやしのような人もいる。
15人に絞ったあとはグループ審査。5人グループに分かれて、実際にお風呂に入ってもらう。男子校のようなノリでお風呂に突入するグループもいれば、ちょっとよそよそしくて会話が盛り上がらないグループもいる。
「並んで座ってる! いいね〜」「なんかプライドが高い感じがするね」
審査員からの評価が高いのは前者だ。

選ばれたのはこの5人。
倉貫匡弘(32歳/俳優)、武尊(23歳/K-1ファイター)、田中康寛(28歳/俳優)、加藤貴宏(26歳/俳優)、大森翔太(21歳/作家志望のフリーター)。

俳優3人組は、「頼りになるイケメンお兄さん」という雰囲気。武尊は子犬っぽい弟キャラだが、カラダはめちゃくちゃかっこいい。
どうしても気になってしまうのは、大森の存在。大森の好きなものは「ラブライブ!」。喋り方も若干オタクっぽく、身体もひょろっとしていて、周りから浮いて見えるほど色が白い。
大森について、他の4人はこう語る。
「これまで接点がなかった人」「キャラが濃くて面白い」
明らかスクールカーストが違うはずの5人が、同じ温泉に入ってワイワイやっている。その微妙な違和感やぎこちなさ、歩み寄りの空気にうっかりニヤニヤしてしまった……。

修学旅行のわちゃわちゃ感、そして乳首と腹筋


脱衣場で服を脱ぎながら、筋肉を触りあうメンズ。温泉に入って熱いお湯を掛けあうメンズ恋バナに盛り上がるメンズ。「自分をモデルにした恋愛小説を書いてます」と言う大森。
「ウ〜〜〜イエ〜〜〜」というムーディなBGMとともに、乳首や腹筋がドアップで映される。股間を人の頭で隠す伝統的な演出も多用される。男のカラダ、特に乳首には、疲れた心を穏やかにさせる効果があった。
メンズは、温泉だけではなく、宿の食事や布団もめいっぱい楽しむ。初めてのキスのシチュエーションを、なぜか男同士で再現しだす。「気持ちいい?」囁きながらマッサージをする。
「こんな餌で軽率に釣られると思っているのか!」とキレた。もちろん釣られた。



メンズ温泉」は、大人になったからこそ成立する、スクールカースト入り乱れる男子の修学旅行をのぞき見できる番組だ。
第3回は熱海温泉、第4回は伊東温泉。そして8月7日放送の第5話では那須高原を訪れる。公式サイトで見られる次回予告では、大森が武尊とソフトクリームの食べさせあいっこをしている。どういうことだよ! ありがとうございます!

(青柳美帆子)
メンズがワイワイ温泉に入っているのを30分間ボーッと眺める番組、それが「メンズ温泉」