世界で人気を博しているファンタジーテーブルトークRPGダンジョンズ&ドラゴンズ』の実写再映画化が権利の問題で暗礁に乗り上げていたが、米ワーナー・ブラザースが新作の製作を正式に発表した。

【関連】フレディ復活!『エルム街の悪夢』再映画化、『エスター』脚本家を起用

 ダンジョンを探し出し、そこに潜むドラゴンと対決するというRPGダンジョンズ&ドラゴンズ』。2000年ジェレミーアイアンズやゾーラ・バーチ出演でコートニーソロモンが監督した実写版『ダンジョンドラゴン』(日本公開名)、2005年に続編『ダンジョンドラゴン2』が製作された。

 その後、2013年ワーナー・ブラザースが『ダンジョンドラゴン』の製作会社スウィートピー・エンターテインメントと新作を企画したが、ウィザーズ・オブ・ザ・コーストの親会社ハスブロが映画化権は自分達にあるとしユニバーサル・ピクチャーズと再映画化を進めようとして両社が対決。お互いに訴えを起こし法廷闘争に発展していた。

 最終的に訴えを取り下げて当事者が歩み寄り、プレスリリースによると、ワーナー・ブラザースとスウィートピー・エンターテインメント、ハスブロ傘下のオールスパーク・ピクチャーズが共同で製作に乗り出すそうだ。脚本は既に完成しており、映画『エスター』(12)や『タイタンの逆襲』(12)の脚本家デヴィッド・レスリー・ジョンソンが執筆したという。

 監督やキャストは未定。ハスブロのブライアンゴールドナーとスティーヴン・デイヴィス、コートニーソロモン、『ダンジョンドラゴン』前2作の製作総指揮を務めたスウィートピー・エンターテインメントアラン・ゼマン、『LEGO(R)ムービー』(14)のロイ・リーが製作に名を連ねる。同シリーズの映画化に関する今後の権利は、ウィザーズ・オブ・ザ・コーストに戻るとのことだ。

『ダンジョンズ&ドラゴンズ』再映画化へ(映画『ダンジョン&ドラゴン』場面写真)(C) AFLO