安保法案の成立阻止を訴える学生グループ8月27日東京永田町の国会前で、分以外をとらない期限のハンガーストライキ(ハンスト)を開始した。

このグループは、東京都内の大学生でつくる「学生ハンスト実行委員会」。8月13日安保法案の成立阻止安倍政権の打倒を訴えるため、ハンスト決行を発表して話題になっていた。

この日午後2時から、国会の向かいにある参議院議員会館前で、グループメンバーが集会を開き、ハンストの開始を宣言した。実行委員会によると、期限は決めておらず、4人の学生が少なくとも3日間以上おこなうという。8月30日には、大規模な抗議活動に合流するため、場所を国会正門前に移す。

ハンガーストライキをおこなう上智大学2年の井田敬さんは「この間に議会で法案を止めることができないので、直接行動をすることにしました。いろいろな批判があり、最善とは思いませんが、すぐに止めないといけません。自分たちの日常を犠牲してでも訴えたい」と話していた。

早稲田大学1年の木本将太郎さんは「ハンスト経験者から、少しずつ食事を抜くようアドバイスされ、おとといから1日1食です。体に自信はありませんが、戦争反対の意思表示のため、最低でも8月30日までは頑りたい」と決意をった。

弁護士ドットコムニュース

安保法案反対の学生4人「無期限ハンスト」開始 「日常を犠牲にしてでも訴えたい」