アニメ東京レイヴンズ』の主人公土御門春虎」。一見どこにでもいる普通の男子高校生ですが、実は強大な力を持っています。今回は、そんな「土御門春虎」の魅力についてご紹介したいと思います。


【最新ランキング】もっとも演技力が高いと思う声優さん TOP30!


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■人を信じ、正義感が強い

 どんな人にも優しく、心の底から温かい言葉を与えられる春虎。大事な友達である北斗を鈴鹿に(故意ではないものの)壊されましたが、恨むべき鈴鹿にさえ春虎は迷わず手を差し伸べました。兄を亡くし、自分自身を見失っている鈴鹿の辛さが、北斗を失った自分と重なったのでしょう。根からのお人よしな春虎だからこそ出来たのでしょう。

 また、春虎と冬児が陰陽塾に入塾した際、途中から入ってきた春虎を良く思わない者もいました。しかし、春虎は自分のかけている迷惑について言い訳する事なく素直に謝り、クラスメイトに認められたのです。突出したコミュニケーション能力は、彼の魅力のひとつです。

■鈍感系主人公

 主人公男の子にありがちな鈍感キャラ。春虎もそのうちの一人です。昔から想いを寄せられていた夏目からの好意にも、いつも一緒にいて春虎を見続けていた北斗にも、春虎の優しさに救われ恋に落ちた鈴鹿にも、春虎は長い間気付きませんでした。しかし、不思議とイライラしないのです。女の子に好かれるために行動していないからでしょうか。思春期の男の子らしく、異性への興味はあるようですが(笑)

■努力家

 幼い頃から陰陽の道に進んでいた夏目や、その道に詳しい冬児とは違い、0の状態から陰陽について学び始めた春虎。当然すぐにはついていけず、夏目からは怒られてばかり・・・。しかし決して現状に満足せず、己の力と知識力を高めるために毎日勉強と練習に励んだ春虎。一生懸命困難に立ち向かうその姿からは、勇気をもらえます。がむしゃらに頑張ることが不格好だとしても、日々きちんと成長しているのです。

 個性豊かな仲間と、曲者揃いの大人に囲まれ、少しづつ大人になっていく「土御門春虎」。ただの男の子だった春虎が、自分の運命とどう向き合うのか気になりますね。アニメクライマックスでは、続きが気になる展開のまま終わりを迎えていますが、これから春虎はどうなってしまうのでしょうか。原作の展開とアニメの続編に期待しています。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:星宮(キャラペディア公式ライター

(C)CHARAPEDIA