第一印象と仲よくなってからでは、その人に対しての印象がずいぶんと変わることも。それがいい面であればいいですが、なかには「この人、変態なの!?」と思わず疑いをかけたくなることもあります。そこで今回は男性たちに自分自身に対して「俺って変態かも?」と思う瞬間について聞いてみました。

■女性をこんな目で見てます……!

・「脚フェチだから、脚をほおずりしたくなること」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「女性の脇下が半袖Tシャツの下から覗けると、つい目がいってしまう」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「夏にエレベーターで一緒になった女性の汗の匂いが好き。かなりの変態だと思う」(28歳/情報・IT/技術職)

・「ついつい、うなじを目で追ってしまう自分に変態かもと思った」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

フェチは多くの人が持っているものですが、パーツマニアックなものだったり、見方がマイナーだと、ちょっと変態度は上がります。

■かも? じゃなくて、変態確定!?(笑)

・「女性に対して、言葉責めしたくなる」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「すごい言葉で責めたい。責めていると自分が興奮してしまう」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「女性にいろんなスキンシップを試したくなること」(38歳/電機/技術職)

な、なるほど……。こういったことは、付き合って女性はなかなか気づけないことですよね。いつもはやさしいのに、時折、言葉責めしてくる。なんて彼の変態っぷりがあらわになってしまった時、たじろぐ女性も多いのではないでしょうか。

■ほかにもこんな変態コメントが……

・「犬が好きすぎて、肉球の匂いとか嗅いでしまうところ」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「自分の鼻毛をしげしげ眺める」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「注射の痛みが気持ちいい」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

まさに「変態」と呼ぶにふさわしい男性陣の回答が寄せられました。特殊な趣味趣向を持つ人って男女関係なく、いっぱいいますからね(汗)

変態な一面って、本当に親しい人にしか見せないもの。大体、本人だって「俺のこの嗜好はどうやらマイナーらしい」と気付いているはずですからね。もし、お付き合い中の彼が変態な面を見せて来たら、それは心を許している証拠。広い心で受け止めてあげましょう!

ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

マイナビウーマン調べ(2015年11月Webアンケート。有効回答数110件。22歳~39歳の社会人男性)

俺って変態かも。と思う瞬間「自分の●●を眺めてしまう」「女性の●●に目がいく」