ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』など日本を代表する漫画作品、そして妖怪研究家としても知られていた水木しげるさんが、本日、2015年11月30日未明に逝去されたと、水木しげるプロダクション公式サイト「げげげ通信」にて発表されました。水木さんご本人の作品だけでなく、奥様の武良布枝さんの著作で、ドラマ化も果たした『ゲゲゲの女房』などでも知っている人は多いことでしょう。

 そんな日本を代表する漫画家の訃報に、多くの方々が水木さんや、氏が生前生み出した作品とその登場キャラクターたちに想いを馳せています。


【妖怪漫画の巨匠、水木しげるさんが93歳で逝去】の写真付き記事はこちら

水木しげる先生の訃報を知りました。残念でなりません。ご冥福をお祈りいたします

井上和彦 (@inouekazuhiko) 2015, 11月 30



水木しげるさんがいなかったら鬼太郎は生まれなかったし、私も猫娘には出会えなかったわけで。
独自の世界観を作られた唯一無二の方だと思います。
残された奥様の辛そうなお顔を見ると胸が痛いです。

西村ちなみ (@china_alfafa) 2015, 11月 30



水木しげるさん亡くなられたんですね。子供の頃からゲゲゲの鬼太郎にはお世話になりました。今はゆっくりとお休み下さい。ご冥福をお祈りいたします

— 橋本裕之 (@lainnet01) 2015, 11月 30



とても、悲しいです。
水木しげる先生と対談させていただいた時に
寝る時間は黄金の時間!寝てる時間にアイデアも浮かぶし寿命がのびる!

というお言葉を頂き、それから自分の生き方考え方を改めました。

墓場鬼太郎で寝子を演じさせていただけたこと、宝物です。

御冥福をお祈りいたします

中川翔子@中野ブロードウェイ (@shoko55mmts) 2015, 11月 30



水木しげる先生に心から合掌です。数々の名作をありがとうございます
本気で怖かったよっ(>_>水木しげるプロダクション公式サイト「げげげ通信」
>>水木しげる記念館



▲水木しげる記念館(http://mizuki.sakaiminato.net/)より