パソコンショップの福袋を購入したところ、MMORPGファイナルファンタジー14』のソフトが3つも手に入ってしまい、「え…どういうことなの……」と嘆いている人が注目を集めています。

ファイナルファンタジー14』はアカウント単位でIDが管理されているため、1人で遊ぶなら1本のソフトでじゅうぶん。そもそも、どんなゲームソフトでも1人で遊ぶなら1本で十分なわけで、複数のソフトは必要ありません。

また、『ファイナルファンタジー14』はゲーム内容の評判があまり良いものではなく、厳しい批判の声があがっているゲームでもあります。あまり『ファイナルファンタジー14』を欲しいと思っているユーザーは多くないと思うのですが、在庫処分という意味では、福袋はお店にとって非常に良いチャンスなのかもしれません。

ちなみに、この購入者が何個の福袋を購入したのか、明確には不明です。しかし、購入者がインターネット上に掲載した他の写真には4つの福袋が写っていたので、最大で4つの福袋を買って3つの『ファイナルファンタジー14』が手に入った可能性があります。1つの福袋に3つ入っていた可能性も、もちろんあります。

4つを買って3本の『ファイナルファンタジー14』が入っていたのであれば、このお店の福袋には高確率で『ファイナルファンタジー14』が入っていると思われます。もし1つの福袋に3本も入っていたのであれば、これ以上の悲しみはありません……。

実はこの現象、2010年にはすでに多くの人たちから予言されており、「在庫処分のために福袋に『ファイナルファンタジー14』が投入されるのではないか?」と言われていました。どうやら現実のものとなったようです。

画像: iyhoo.net.