アニメサザエさん」の波平さん、会社での役職は何なのか――。そんな「あれ、なんだっけ?」と思うような疑問について、12月11日に放送されたバラエティ番組「さまぁ〜ずの神ギ問」(フジテレビ系)が調査を行い、公式見解による“正解”を導き出した。

波平の役職については疑問を抱いている人は少なくないようで、ネットで検索するとさまざまなページがヒットする。例えばGoogle検索結果のトップ2015年12月12日現在)に出てくるYahoo!知恵袋の「サザエさんマスオさんや波平さんは仕事の役職は何ですか? それなりに出世してますか?」との質問では、ベストアンサーに「波平は山川商事の経理部課長補佐」との記述があり、そのほか多々挙がっているYahoo!知恵袋内の同様の質問にはこの役職が引用されることが多いようだ。

しかし、これには明確な出典元がないため、今回、番組はフジテレビ編成部を通して、アニメサザエさん」を制作しているエイケンの常務取締役で、「サザエさん」の総責任者を務める松下洋子プロデューサーに直撃した。

松下プロデューサーによると、役職は「特にありません。特に決めていない」とのこと。それは、もともと「サザエさん」は磯野家を中心とした家族の物語で、「波平が何の仕事をしているかは、あまりお話に関係がないので特に決める必要がない」との理由だった。ただ、「専務に呼ばれて、といったエピソードもあるので、専務とか偉い人ではない。取締役系ではない」という。

そのため、番組としてはこの疑問への回答を「物語に関係がないので特に決めていないが、そこまで偉くない」に。囁かれる課長補佐や平社員の可能性もふんわりと残しながら、玉虫色の決着となった。

ちなみに、原作のマンガサザエさん」には、“局長”と呼ばれるシーン1949年3月15日付け新聞の四コママンガ)があるという。