思想家の東浩紀さんの「より屈辱的なのは、にもかかわらず日本最高とか言い募る若者がいっこうに減らないことだ」というツイートに注目が集まっている。

きっかけは、筑波大助教の落合陽一さんの指摘だった。

日本人のセルフイメージって2010年GDPのままな気がする.中国に抜かれたって大きく報じられたから今でも僅差だと思ってる人多すぎる.今日本のGDPアメリカの約1/4 だし,中国の半分以下だし,一人あたりは世界27位の貧しさだ. pic.twitter.com/Q9bf9ICrZk

落合陽一/「魔法の世紀」発売中 (@ochyai) 2015, 12月 17


落合さんは、日本のセルフイメージ2010年GDP(国内総生産)のままではないかと指摘している。

2014年データを見ると、中国と日本の差は開き、日本のGDPアメリカの4分の1となっている。一人あたりのGDPは世界27位。

これについて、思想家の東浩紀さんも連投ツイートで、警鐘を鳴らす。

日本のGDPがいまやアメリカの4分の1中国の半分以下で、一人当たりGDPは世界27位というのは、90年代に20歳代だったぼくの世代にとってまさに屈辱的な数字だけど、より屈辱的なのは、にもかかわらず日本最高とか言い募る若者がいっこうに減らないことだ。。>公式RT

東浩紀@12/26総会来てくれ (@hazuma) 2015, 12月 19


失われた10年なるものももう25年にまで延びてきて、若い世代は「失われていなかった時代」そのものを思い出すことが難しくなっている。戦争の風化以前に、豊かさの風化を止めないと国にはマジで沈没する。日本最高とか言う前に、一回でも外国行ってみればいろいろわかるんだけどね。。

東浩紀@12/26総会来てくれ (@hazuma) 2015, 12月 19

@hazuma @namaham 一人あたりGDPが大幅に下がって我々の生活水準は大幅に下がりましたか?それが答えです

— めたぼっくす@ダイエット実施中 (@metabox_xx) 2015, 12月 19

下がってるよ。。 https://t.co/5bZ0IQEHSs

東浩紀@12/26総会来てくれ (@hazuma) 2015, 12月 19

今の日本の問題は、単にお金がないって事じゃないと思うのだけど。格差にしても福祉にしても教育にしても、お金をどこに充てるのかという問題で、言ってみれば、非常に文化的に遅れた国の問題のように思える。為政者や資本家にノブレスオブリージュが感じられないのが情けない。

— 高橋裕行 (@herobridge) 2015, 12月 19

いや、大前提として単に金ないんだと思います。 https://t.co/ZJQjTuZsgC

東浩紀@12/26総会来てくれ (@hazuma) 2015, 12月 19

日本が貧しくなっていることを問題だと思わない反応が多くて驚いた。金はあったほうがいいに決まってる。貧しくなったからといって国民が賢くなるわけではないし、実際まったく賢くなってない。若者の愛国と同じ無理な自己正当化だと思うけど。。が、論争はしません。。

東浩紀@12/26総会来てくれ (@hazuma) 2015, 12月 19


日本のイメージと現状が乖離しているわけだが、Twitter上では賛否両論が起こっている。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

「日本最高と言う若者が減らない」思想家・東浩紀さんが警鐘を鳴らす