adkasahara.jpg 歌声作成ソフトボーカロイド初音ミク」を使って制作された作品のうち、ニコニコ動画において再生数の多いものは、ポップス調やロック調といった、楽曲としていわゆる"正統派"と呼ばれるものが多い。

 しかし、その中に一風変わった作品を生み出した男がいる。彼の名を「AD笠原」という。AD笠原さんの作品では、なんと自分自身と人形の初音ミクとが、恥ずかしげもなく真剣に"ミュージカルで共演"をしているのだ。

 では、早速その作品をご覧頂きたい。

 この前代未聞の作品がニコニコ動画に投稿されると、今まで数々のミク曲を産み出してきた著名なボカロP(=ボーカロイドを使用して楽曲や動画などを制作するアーティスト)たちは愕然。今までに無い形のミク作品に視聴者もなぜだか惹き込まれ、AD笠原さんはデビュー作にして約10万再生を記録、"時空勇者タマデラス"として一躍人気者となった。

 また、動画中でタマデラスが人形のミクを抱きしめて叫ぶ「しゃべるな!マナジーがなくなるぞ!」という台詞は、意味不明であるにも関わらず、その痛々しさが一部の間で話題を呼び、流行語として使われるようにもなった。

 そして、視聴者からの大反響に応え、続編が制作される。

 さらなる物語の行方が気になるところだが、続編1作品のみが制作された後、時空勇者タマデラスの物語はニコニコ動画の世界から途絶えてしまう。

 視聴者から続編希望の意見が数多く寄せられているのも虚しく、約1年半の沈黙が続いていたが、最近、この時空勇者タマデラスニコニコ動画の世界に帰ってくるという噂が聞こえてきた。

 戻ってくる舞台は、なんと「ニコニコミュージカル」。2011年1月7日~12日と開演目前に迫っている「ニコニコ東方見聞録」と題されたこの舞台に、時空勇者タマデラスが久しぶりに登場するかもしれないというのだ。

 そこで舞台稽古中のAD笠原さんにインタビューを打診。人形の初音ミクから、生身の人間を相手にするミュージカルへとその舞台を移すことになったAD笠原さんに話を聞いてみた。

adkasahara1.jpg──時空勇者タマデラスが、ニコニコミュージカルニコニコ東方見聞録」に登場するという噂を聞きましたが、本当ですか?

 はい、ニコニコ東方見聞録に、私が扮する時空勇者タマデラスが登場します。ニコニコ動画界での時空勇者タマデラスの姿は久しぶりなので、今まで明かされなかった秘密が明らかになるかもしれません。

 さらに、時空勇者タマデラスの動画でのコメントで「マナジーってなんですか?」という質問が多かったのですが、今回その「マナジー」の秘密が遂に明らかになる"かも"しれません。

──なぜ「ニコニコ東方見聞録」に出演することになったのですか?

 もともとニコニコミュージカルのことは知らなかったのですが、ニコニコ動画で活躍する歌い手さんと、たまたま飲み会で一緒になった時に、「ニコミュ出ないんですか?」と言われ、ワークショップがあることを知って。面白そうだから出てみました。そしたら、みんなニコニコ動画のことを知ってるし、楽しくて。

 出演者を決定する前にオーディションがあって、ユーザーアンケート投票があったのですが、時空勇者タマデラスの動画を見てくれた方々が応援してくれるなど、なんとか合格できました。

──舞台稽古をしてみていかがですか?

 これまでも舞台の経験はありますが、舞台は、生身の人間が生身の人間の目の前で演技をするので、限定された空間で勝負する感覚があり、ゾクゾクします。すぐ反応があって、やるたびに反応が違って。これは、コメントが反応として返ってくるニコニコ動画と共通しているかもしれません。

──「ニコニコ東方見聞録」は、どんな物語ですか?

 イタリアに住むマルコ・ポコタが日本へ行くためのチケットを無くしてしまい、堀江堀衛門のロケットで何とか日本にたどり着くところから物語が始まります。そして、その日本が、実はニコニコ動画の運営が支配する独裁国家で、戦乱状態だった──といった感じで展開していきます。

※配役:マルコ・ポコタ=ぽこたさん、ダソク=蛇足さん、堀江堀衛門=やまだんさん、など

──AD笠原さんの考える、一番の見所は?

 ぽこたさん扮するマルコ・ポコタの殺陣のシーンは本当にかっこいいです。身体をぼろぼろにして練習しているので、本当にすごいと思います。そのシーンがおすすめですね、私は出ていませんが(笑)

adkasahara2.jpg──ミュージカル出演後、「時空勇者タマデラスシリーズの続編はありますか?

 (「時空勇者タマデラスシリーズ総合プロデューサーの)マナジーPがやる気を出して、1年ぶりにマナジーが貯まってきたので続編を期待していて下さい。もう録音と撮影は終わっているので、あとは編集だけ終われば、春くらいまでには動画公開できるかなと思います。

 続編は(1話だけでなく)いくつかを想定しています。何話になるかは、やる気次第ですが(笑)

──記事読者だけに、「ニコミュをこう見たら面白い!」というマル秘情報を教えて下さい。

 私が時空勇者タマデラスとしての出演しているシーンは、もれなく必ずアドリブばかりなので、連日見ても楽しめると思います(笑)

──もしよかったら、記事読者にだけわかるサインを舞台上からもらうことはできますか?

 わかりました。アドリブシーンで、公演日のうち、1日だけ皆さんに向かってウインクをしましょう(笑)ただし、何日の公演でウインクするかは秘密です。

──最後に一言、ミュージカルの意気込みをお願いします。

──ありがとうございました

【関連サイト
ニコニコ東方見聞録 2011年1月7日~12日開演、ニコ動有名人によるニコニコミュージカル第2弾
エルシャダイ 演ってみた AD笠原さんがルシフェル役で出演するゲームエルシャダイ実写化動画。先日行われた動画アワード2010にノミネート

取材協力/株式会社ネルケブレインズアンドハーツ 大島鮎美さん

丹羽一臣

【関連記事】
「こんな才能あったのか!」ミュージカルで歌って踊るホリエモン、案外高評価
「稽古場がカオス」 ぽこた・蛇足主演ニコミュ『ニコニコ東方見聞録』
「ホリエモン役」やまだん 「逆ダイエット」で役作り!?