オウチーノは、同社が運営する「O-uccino」賃貸サイトの、2015年1月1日2015年12月31日アクセス数をもとに、「2015年、人気の高かった駅・沿線ランキング[賃貸/首都圏編]」として結果を公表した。

首都圏ランキング(賃貸)

ランキングで1位となったのは、文化人も多く住み、閑静な住宅街が広がる「荻窪駅」。JR中央線東京メトロ丸ノ内線の2路線が通り、丸ノ内線では新宿・東京方面への始発駅となっている。秋葉原などへも簡単に出ることができるうえ、高円寺や吉祥寺、中野へ10分以内と、利便性も高い。

さらに、15分程度で東京女子大学一橋大学明治大学へ、20分程度で成蹊大学東京医科歯科大学上智大学へと通学可能であり、学生ニーズも高い街だという。上位3駅のなかでは3LDK以上の物件の家賃相場が最も安く、ファミリー層や子育て世帯にも適した環境が好まれる要素であるのかもしれない。

第2位は、JR山手線東急目黒線都営三田線東京メトロ南北線の4路線が乗り入れる「目黒駅」。駅前では、東京建物などが、2017年末の完成予定で複合施設の開発を進めている。

第3位は、4年連続トップ3入りを果たしているという「武蔵小杉駅」。同駅がある川崎市は、昨年「待機児童ゼロ」を達成。若年者人口も多いため財政状況が良く、地方公共団体の財政力を示す指標である「財政力指数」は1.00と、政令指定都市の中で最上位という。

首都圏 沿線ランキング(賃貸)

沿線ランキングでは、人気駅にランクインした「荻窪駅」や「中野駅」を通る、「JR 中央線」が1位に。沿線には、駅周辺に充実した商店街・商業施設が広がり、一橋大学上智大学東京理科大学など大学も多いため、賃貸ニーズが高く供給量も群を抜いて多いという。

次いで2位となったのは「JR山手線」。沿線には慶應義塾大学早稲田大学立教大学を始め大学が多数点在。家賃相場は高めとはなっているものの、家賃差も大きく、駅によってはリーズナブルに借りることができる賃貸物件も。

3位の「JR総武線」と4位の「JR京浜東北線」は、都心から東京都下や神奈川県埼玉県千葉県の住宅地へと伸びる路線で、幅広い条件から部屋を探すことができるという。