●最強の冒険者を決める戦いが開幕!

 2016年1月30日1月31日、千葉・幕張メッセにて開催中の、ゲーム実況ゲーム大会の祭典“闘会議2016”。本記事では、開催2日目に闘会議GP グリーンステージにて行われた、“『みんなでスペランカー』冒険者最強決定戦”のリポートをお届けする。

 本大会は、『みんなでスペランカー』の"みんなで競争"モードを使用し、コウモリのフンに当たって死ぬ、ちょっとした段差に落ちただけで死ぬあの“超デリケート”なプレイヤーキャラクターを、誰がいち早くゴールへ導くのかを競った。

 1月16日の予選を経て、16名の決勝ステージ進出者を選出。決勝大会出場者は以下の通りとなっている。
ひろっち選手
・たづみ選手
・yu_@選手
ちくわ選手
・クリョニャン選手
ユージン選手
・くろしこ選手
・ひぃ選手
MikeYi選手
・ほおばみそ選手
・ノリ選手
・wa選手

【画像9点】「『みんなでスペランカー』デリケートすぎる冒険者をいち早くゴールへ導いたのは? “冒険者最強決定戦”リポート【闘会議2016】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

◆準決勝第1回戦
 出場選手は、ちくわ選手、クリョニャン選手、MikeYi選手。コースはいたるところに凍結路がある非常に滑りやすいコースで、慎重な操作が求められる。

 開始早々MikeYi選手が回転ギミックへの飛び乗りでつまずいてしまいミス。一方クリョニャン選手はノーミスでコース終盤までたどり着き、チャットまで打つ余裕さを見せつけ、見事1位でゴール。決勝進出を決めた。ものの30秒ほどで決着がついてしまい、ちくわ選手、MikeYi選手は唖然としていた印象だった。

◆準決勝第2回戦
 続いて第2回戦では、ユージン選手、ほおばみそ選手、yu_@選手が出場。ユージン選手、yu_@選手が開始早々にミスをしてしまい、出遅れてしまう。ほおばみそ選手はトップを独走していたが、相手を牽制するために置いた爆弾はとくに効果を発揮せず、時間をロスしてしまう。終盤、ほおばみそ選手は後ろを付いていたyu_@選手に追い越されてしまい、yu_@選手が一気に逆転勝利を決め決勝へ駒を進めた。

◆準決勝第3回戦
 第3回戦には、ノリ選手、たづみ選手、くろしこ選手が出場。トップを独走していたたづみ選手だったが、ゴール直前でミス! コース途中からの再スタートとなってしまう。トップの思わぬミスにノリ選手、くろしこ選手も追いつこうと健闘したが、たづみ選手の速さには追いつけず、そのまま1位でゴール。たづみ選手が無事、決勝進出を手に入れた。

◆準決勝第4試合
 第4試合には、予選1位通過のひろっち選手、そしてひぃ選手、wa選手が出場。ひろっち選手はノーミスでゴール直前まで一直線! さらにはゴール手前でチャットを連打する、いわゆる煽り行為を見せつけ、会場を沸かせた。
 ひぃ選手、wa選手はミスが目立ちなかなかコースを進めず、トップを独走していたひろっち選手がそのまま1位でゴール

 決勝戦出場者は、ひろっち選手、yu_@選手、クリョニャン選手、たづみ選手となった。

◆決勝戦
 決勝戦は4名での戦いに。人数が多くなった分、相手への牽制も必要とされるため妨害行為による熱戦が期待される。試合開始早々、なんと煽り行為で余裕を見せていたひろっち選手がミスを連発。一気にほか3人から遅れを取ってしまった。
 トップを独走していたたづみ選手は、中盤にだめ押しのフラッシュを投下。ほかの選手と大きく差をつけ、ノーミスでゴールし、見事優勝! 賞金100万円を手に入れた。

◆優勝者・たづみ選手へミニインタビュー
ーー優勝したいまの気持ちはいかがでしょうか?
たづみ選手 まさか優勝できるとは思っていなかったので、びっくりです。

ーー自信はありましたか?
たづみ選手 まったくありませんでした。

ーー今回の勝因のポイントは?
たづみ選手 みんながミスを連発した中、自分はあまりミスをしなかったのが一番の大きな要因だと思います。

ーー決勝では、フラッシュでほかの選手を牽制していましたが、あれはその場の思いつきですか?
たづみ選手 そうですね。トップだったのですが、念のためにフラッシュを投下しました。

ーー1日の練習時間はどのくらいだったのでしょうか?
たづみ選手 毎日2時間はプレイしていました。

ーーそれでは、読者へメッセージをお願いします。
たづみ選手 このゲームは発売されてから5年ほど経っていて、オンラインプレイヤーの数も減ってきているのですが、とても面白いゲームなので、ぜひみんなも冒険しましょう!