大人気シリーズ24 -TWENTY FOUR-』のスピンオフ『24: Legacy(原題)』のキャストが続々と発表されているが、このほど、『THE FLASHフラッシュ』のテディ・シアーズの出演も決まった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】待ってました『24』最新作!「レンタル中...」にさようなら!PlayStation™Videoでデジタル配信体験記

テディが演じるのは、本作の主人公の一人であるレベッカイングラムがCTU局長だった時に副局長を務めていたキースマリンズ。野心的で気力あふれるキースレベッカの後を継いで局長になった設定だという。

12話構成の『24: Legacy』は、戦地で勲章を立てた軍人エリックカーターが、母国アメリカに戻りトラブルに巻き込まれてしまい、CTU(テロ対策ユニット)に助けられた後、史上最大規模のテロから母国を守るため立ち向かっていくというストーリー。このエリック役にコーリー・ホーキンズ(『ウォーキング・デッド』)、その妻ニコール役にアナ・ディオップ(『TOUCHタッチ』)、エリックの相棒となるCTU元局長レベッカ役にミランダ・オットー(『ロード・オブ・ザ・リング』)がキャスティングされている。オリジナルで主役のジャック・バウアーを演じたキーファー・サザーランドをはじめ、ハワードゴードン、マニー・コト、エヴァン・カッツが製作総指揮者として復帰する。

DCコミックの人気ドラマ『THE FLASHフラッシュ』にシーズン2から出演しているテディは、『ブルーブラッド』や『マスターズ・オブ・セックス』にも登場。また、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のケヴィン・スペイシーがある日突然猫になってしまう男を演じるコメディ映画『Nine Lives(原題)』に出演することが決まっている。(海外ドラマNAVI

Photo:テディ・シアーズ
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

テディ・シアーズ