年末年始、ニコニコ実況で盛り上がったテレビ番組のデータ明らかになった。ニコニコ実況テレビ番組にあわせてコメントをつけ、ニコニコ動画風に楽しめるサービス。液晶テレビに直接接続できる機器「デジタルテロッパ」が、期間限定値下げで人気なこともあり、全般的にニコニコ実況は活況だったようだ。
ニコニコ直販 【期間限定特別価格】デジタルテロッパ EN-NL1068

 年末年始、1番盛り上がったテレビ番組はNHK紅白歌合戦だった。スポーツ紙が伝えたビデオリサーチの調査データによれば、テレビ視聴率も年末年始貫禄の1位となっており、歌手別に見ると大トリを務めたSMAPが48.9%で1位。2位が紅組トリのDREAMSCOME TRUE、3位が復帰したサザンオールスターズ桑田佳祐という順番になっている。

 ところが、ニコニコ実況で盛り上がった瞬間も同じかというと、少し事情が違うようだ。最もコメントが多かった瞬間は声優の水樹奈々が「PHANTOMMINDS」を歌い上げた21時12分頃で、1分間に1,799コメントという驚異的な数値を記録した。当時、ニコニコ実況では以下のようなコメントが流れていた。

77777777777777777777777777777」
77777777777777777777777777777」
77777777777777777777777777777777」
77777777777777777777777777777」
77777777777777777777777777」
「7以外のコメントできないのかw」
なのは完売!!」

 分速1,799コメントは、昨年10月8日キリンチャレンジカップサッカー「日本×アルゼンチン」試合終了の瞬間(1,780コメント/分)、11月27日の「めちゃ×2イケてるッ!」岡村隆史復帰の瞬間(1,586コメント/分)などを上回るもので、歴代1位の数値となる。また、紅白歌合戦で2番目にコメントが多かった瞬間も、水樹奈々AKB48による「Alrightハートキャッチプリキュア!」(1,214コメント/分)となっており、ニコニコ実況的には水樹奈々一色の紅白歌合戦だったようだ。

(飯岡幹雄)

【関連記事】
【ニコ生入門】第四回 雑談放送、ゲーム実況、Skype凸どれにも効く!外付けマイク入門
「映画業界と同じ失敗はしない」テレビ東京がニコ動にアニメを流す理由
「テレビは電化製品のリーダー」サムスン社長が語る"スマート"戦略