主演の多部未華子史上最強にキュートコミカル、そして破天荒ヒロインが魅了する大ヒット公開中の映画「あやしい彼女」。本作が全国公開を迎え、Yahoo!映画レビューでは5点満点中4.21点(4月14日付け)を獲得、「ぴあ」映画初日満足度1位(4月2日ぴあ調べ)、さらにSNSでも爆笑と感動の声が続々と上がり、高評価を得ている。

【写真を見る】フライ返しを突きつける姿は日本ならでは!?

そんな本作「あやしい彼女」は、全世界で製作され多くの人の心を魅了し続けている。

最初に作られたのは、'14年韓国版の「怪しい彼女」。865万人を動員し、社会現象を巻き起こすほどの大ヒットを記録した。

中国では「20歳よ、もう一度」というタイトルで製作され、その観客動員は1160万人となった。さらに「ベトナム版怪しい彼女」は、同時期に公開された「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を抑え、ベトナム歴代興行記録1位を樹立。他にも、インドネシア、タイ、インドなどのアジア各国のみならず、ドイツでも製作されることが決定、そしてアメリカ名乗りを上げるなどまさにワールドワイドに「あやしい彼女」の世界が広がっていく。

そんな各国の「あやしい彼女」は、製作される国ならではの絶妙なエッセンスが加えられ、魅力的な作品に生まれ変わっている。

日本では多部が演じ、そのキュートな表情と透き通るような歌声で観客の心をとりこにした主人公・大鳥節子。各国でも魅力あふれる女優陣が熱演しているが、その役名もオードリー・ヘップバーン(日本/韓国)、テレサ・テン(中国)、タン・ガー(ベトナム)とその国々で国民に愛される人物へのオマージュが込められている。

また、細かなシーンにも、その国ならではの魅力が盛り込まれています。

主人公(日本版では多部が演じる大鳥節子)が、追い掛けてきた音楽プロデューサー(日本版では要潤演じる小林)を撃退するシーンで、多部が握っていたのは“フライ返し”。

韓国では“魚”、中国は“大根”、そしてベトナムは“鶏の足”と、手に持っているものもさまざまだ。日本版の「あやしい彼女」はもちろん、世界の「怪しい彼女」も併せて見てみると、微妙な違いと魅力が堪能できるだろう。世界を魅了し続ける「あやカノ」の魅力にあなたもとりこになっちゃうかも?

多部未華子扮(ふん)する大鳥節子ら各国のメーンキャラクターはこちら